twitter小説 その437

●おおおじ(大叔父、叔祖父)
おかしいな。あのじいちゃんのことだから、この周辺だと思ったんだけどな。
違う違う、祖父の弟なんだ。紛らわしいから、こっちはじいちゃんって呼んでる。
オレの祖父は性格悪いからクソジジイっていってるだろ。こっちはいい人でさ。
穏やかな気質な人で、王からも尊敬されてるんだよ。だからかな。

●おおおにばす(大鬼蓮)
へえ、あの植物から得た魔法、ね。想像力豊かなことでよろしゅうですね。
使い道があるのか疑問だけど、研究にはもってこいかな。費用もらえるし。
それはそうと。お前、あの件はどうなってる。忘れてるんじゃないだろうな。
それは良かった。表向きのことばかり集中してくれるな。そっちは頼んだぜ。

●おおおば(大伯母、伯祖母)
あのデブっ腹め。見かけ同様に性格も悪いな。おまけにブスときたもんだ。
そりゃあ嫁の貰い手もいなかっただろうね。一人寂しく死んでいったけど。
信じられるのは金だけ、か。きっと色々なことがあったと思うんけどさ。
結局は過去に捕らわれっぱなしだったのが一番の原因だよ。これは間違いないね。

●おおおば(大叔母、叔祖母)
あるところに、年老いた、娘時代は大層な美人だった二人の女性がいました。
一人は美貌に鼻をかけ贅沢三昧の生活を送り、それはそれは羨ましい生活を。
一人は周りと仲良くしながらも質素な生活を徹底、勉学に励んでいました。
「そこで質問。この二人はどのような最期でしたでしょう。その理由は」

●オーガ
面白いよな。文化も場所も違うのに、神話はほとんど同じ流れに沿ってる。
もちろん端々は違うさ。一神教だったり多神教だったりっていうのもあるし。
その土地の文化が根付いてるんだよ。今度読んでみなよ、いろんな側面見れるし。
学者じゃないから分析する気にはなれないけど。優劣とかもないしね。

436へ twitter 小説一覧へ 438へ

作品一覧へ

電子書籍一覧へ

コメントする

コメントを残すにはログインしてください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!