基本精神その2 「とにかくやれ!」

こんばんは^^
望月です。

だいぶあいてしまいましたが;;

自分の考えをお伝えして以降と思った矢先に立て込むとは思いませんでしたよ^^;

まあともかくw

あなたの役に立てればうれしいです^^*

やりたいことがいっぱいあるので、ちょくちょく時間を見つけては発信していきますね。

で、題名についてですが。

これは常に心がけています。

どんなに苦手だと思い込んでいることでも、頭を空っぽにして、とにかくやってみることをお勧めします。

例えば、人と話すこと。

自分も正直なことをいうと、苦手意識があります。

このことをいうと、まったく信じられませんけどねw

相手にちゃんと伝わっているみたいで、会話が成立しているようなんです。
妙な表現ですが。

というのも、自分は元々無口なので会話が続かないことが多々ありました。

頭の中には伝えたいことが浮かんでいるんですけども、どうも口から先には出せなかったんです。

これじゃあ人間として生きていくには厳しいな、と思ったので、営業や販売の仕事に就きたんです。
気合で乗り切ったんですけどねー(笑)

根性があるので飛び込みましたが、これをやる必要はないですから^^;
本を読んで友人に試してみるとかでも、全然出来ますし。

で、何がいいたいかというと。。

人間は男女や年齢の差こそあれ、脳みその構造はほとんど同じですよね。

それなのになぜ、出来る人とで出来ない人がいると思いますか?

つまり、出来ない人は「やらないだけ」なんです。

ブログの設定方法とか料理とか、何でもいいんですけども、やらなきゃ覚えられませんよね。

仕事だってそうです。コンビニのレジだって、覚えなきゃ押せません。

ですが、人間は変化を恐れる生き物ですから、新しいことを学ぼうとすると、基本的に拒絶反応を起こします。

人間に備わっていることですから、仕方がないんです。

だからといって、それを言い訳にしていたら、何も大成できません。

だから、何か新しいことをやるときは、とにかく頭を空っぽにしてみてください。

子供のように何も考えずにやってみるんです。

すると、アラ意外。

すんなりと出来るものです。

もちろん、初めは時間がかかると思います。

自転車の練習を思い出してみてください。

それとまったく同じことです。

当然、文章やイラストだって同じこと。

初めからうまく書けるのなら、とっくに有名になってますよね。

そういうことです。

とにかく、やってみましょう!

大丈夫、あなたならできますよ^^*

間違えても死にはしません。
お医者さんの手術とは違うんですから。

ではでは~☆★

<Facebookページ>NEW!
電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<メルマガ>
人を動かす文章術
 文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
 未公開作品をいち早くお届けします。

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!