基本精神その11「単純に、シンプルに」

おはようございま~す^^*

 

プロット(物語の筋書きのこと)やキャラ作りはもちろんのこと、今あなたの読んでくださっているこの文章もそうなのですが。

何事も簡潔に伝えたほうが読者の方々のストレスにならずにすむと思います。

小説はまた違うので割愛しますけど、とくにビジネス文書はその傾向が強いんじゃなかろうかと。

 

これ、販売や営業でもいえることだったりします。

リアルでもネットでも、相手が人である限り変わりません。

とくに対面の場合は、表情やしぐさ視線など、多くの情報が得られますので、成約率がグンと上がるますし。

 

で、これが作家にとってなんの役に立つのか、ということなのですが。

シンプルに伝える、というのは意外に難しいものでして、相手の立場になって考えないとどういう文章にすればいいのかがわからないんですね。

つまり販売営業も文章を書くのも、実は根本的なことは同じってことなんです。

 

繰り返しますが、小説の場合は世界観を書き連ねる形ですし、いろいろな表現方法で表す文学なので、これとはまた違います。

ですが、テーマについてはひと言で伝えられるようじゃないと、厳しいかと。

 

そのためには、あなたの思考自体をシンプルにする必要性もあると思います。

あ、おバカになれって意味じゃないですよ;;

こうだからこう、みたいな、原因と結果を単純化するんです。

 

こうすることで疑問点が解決したり、次のステージが見えてきたりしますので、まずあなたの中にある考えなどを書きだして整理してみるのをおススメしますよ~^^*

 

キャラの性格づくりに、自分はよく使ってますから。

 

ではでは~☆★

<Facebookページ>
電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
未公開作品をいち早くお届けします。

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!