Twitter小説 その421

●曳航(えいこう)
随分小さな船で引っ張るんだな。本当に大丈夫なのか。へ、何が違うって。
エンジンや運転手の違いじゃないのか。いったいどういうこった。うわっ。
本当にデカイ貨物船を動かしてら。いったいどういうカラクリになってんだ。
成程、風の魔法で、か。そりゃ上手く考えたじゃねえか。オレもマネするか。

●曳行(えいこう)
まったく、何をしたらそんなに車体がボロくなるんだよ。せっかく修理したのに。
わかってるって。あんたが仕事してるからこんなに傷だらけってことは。
え、今回は違うのか。どういう意味なんだ。ほ~お、そ~ゆ~ことデスカ。
そこに正座しろっ。仕事に使う車を子供との遊びが原因とは絶対許さんぞ。

●栄光
この子が生まれたときに空が光った。雷じゃないさ、晴天だったからな。
ようやく運命が動き出す、ってことだ。この子を死なせるな、何が何でもな。
この国を救う子だ。その為なら我が命、いくらでも投げ出そう。頼んだぞ。
後から聞いた話だが、その人物は彼の弟。そして次期国王の立場だったという。

●栄光
身に余ることにございます。しかしそれは私ではなく、戦地で散った仲間たちに。
彼らこそ真の英雄。彼らがあってこの大戦を制することが出来たのです。
私はただ指揮をしただけこの国の為に命をかけたのは、彼らのほうです。
陛下、どうかお願い致します。敵味方問わず手厚く葬って差し上げて下さい。

●永劫
この力をつけるのに何千年もかかった。彼らは遥かにそれを凌ぐ力を持つ。
これまでは雑魚相手だったから良かったものの、これからはそうはいかない。
今までの強敵が普通になる。だから、今のうちに心構えをしておくことだ。
そうじゃないと、あっという間に頭を落とされるぞ。きりがないからな。

 

その420へ  Twitter小説TOPへ  その422へ

全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ
※上記の最新作を当HPで掲載するのは、約半年後になります※

スポンサーリンク

<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!