Twitter小説 その412

●故(ふる、ゆえ)
まったく、歳はとりたくないものですね。私もまだ若いと思っていたのですが。
ふふ。確かにこれからは若人の時代。我々は今の時代の責任を取りましょう。
ところで、あなたはどうされるのです。そうですか、兄上らしい。
そうですね。家の事は私にお任せを。兄弟揃って助けられましたしね。頼みます。

●故(ふる、ゆえ)
いいなあ、新品の服を買ってもらえて。私なんてお姉ちゃんのお下がりだもん。
たまに兄ちゃんのもあるし。寒いときは助かるんだけどね。羽織れるから。
でもさあ。自分でちゃんと服選んで買いたいし、買い物もしたいよね。
お小遣いどうしよう。服代まで回せるほどもってないもんなあ。はあ、切ない。

●画(え)
よぉく見てご覧。ほらここ。騙し絵じゃないんだけど、あまりに細かいから。
見逃しちゃうでしょ。まあ任せてよ、専門だからさ。少し時間ちょうだい。
あ、あとワインとおつまみも欲しいな。いや糖分が欲しいんだってば。
安い投資でしょ。早く知りたいなら今すぐコンビニに行ってきてよ。頼んだよ。

●絵(え)
ここからここは削除しようか。代わりにこの辺りを追加したらどうだろう。
うーん、そうするとストーリーに無理が出るか。それなら、この角度のなら。
うん、よし。こっちのほうがよさそうだな。これでいこう、監督に確認して。
どうだった。そっか、よかったな。お前も少しずつわかるようになったな。

●絵(え)
本当に美しいな。顔は盛もちろん、その肢体、仕草。全てにおいて麗しい。
だからこそ警戒させてもらうんだがな。男装の麗人かもしれないだろう。
ここは女禁制の場。だから雰囲気でわかる、残念だったな。さてっと。
その勇気に免じて逃がしてあげたいが、そうもいかない。覚悟はできているのだろう。

 

その411へ  Twitter小説TOPへ  その413へ

全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ
※上記の最新作を当HPで掲載するのは、約半年後になります※

スポンサーリンク

<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!