Twitter小説 その409

●運用
ち。こいつ肝心なときにジャムってんじゃないって。急がないとヤバいのに。
会議に遅れちまうだろ。ったく、トラブルシューティングはっと。あった。
えーっと何々。このボタンは押さないようにしてください。死にますので。
誰だこんなメモを挟んだアホは。肝心なところが読めないじゃないか。もう。

●雲竜(うんりゅう、うんりょう)
雲の中に、ねえ。本当に存在するのかね。竜自体がそもそも空想上だろう。
まあいい。今は藁にもすがる思いだ。今の状況から脱出するには力がいる。
それにしても素晴らしい風景だ。皆がここに訪れたのなら、平和になりそうだな。
はは。本当にそうなればいいが。すまないな、先を急ぐとしようか。

●雲量(うんりょう)
ああ、そういう風に決まりがあるんだ。全体の何割かって感じだからさ。
見上げると雲ひとつないところもあれば、どんより覆われているところもある。
だから若干のズレはあると思うよ。広い地区だとなおのことだし。あ。
だからってケチつけられてもしょうがないんだけど。本人は悪くないしさあ。

●え(柄、絵、画、枝、餌、江)
随分と妙な形だな。本当に自然にできたものなのか。いや、そうじゃない。
その割には表面が滑らかすぎる。誰かが意図的に削ったとしか思えないぞ。
何かを採取した、でもなさそうだ。あんな高い位置まで削る必要はないだろう。
やはりここには何かあるな。念のため応援を要請しておいたほうがいいか。

●え(柄、絵、画、枝、餌、江)
本当にこんなので釣れるのか。普通の魚じゃないのは知っているが。うーん。
まあ、物は試しだな。よっと。これでしばらく様子を見るって、おいおい。
もうかかったのか、随分と早いな、そんなに腹が減ってたのか。ん。
ちょっと待て、どうしてカッパが釣れるんだ。先にはビンをくっつけたんだぞ。

 

その408へ  Twitter小説TOPへ  その410へ

全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ
※上記の最新作を当HPで掲載するのは、約半年後になります※

スポンサーリンク

<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!