Twitter小説 その405

●運動
ありえない動きをしているな。まるで逆再生をしているような軌道だぞ。
生物の可能性もあるな。ここからだと姿が見えないからよくわからんが。
警告しておこう。何かの侵入の形跡あり。正体は不明、各自注意されたし。
これでいい。ふう、それにしても妙な雰囲気だが。何か起こってるのだろうか。

●運動
民のために動いているように見せかけて裏では、ね。あるあるのパターンだ。
別にいいんだけどさ。オレには関係ないし、生活が変わるわけでもないし。
って思ってたんだけど。そういうわけにはいかなくなっちまったな。はあ。
よし、あの馬鹿王を引きずりおろすぞ。この国を血で染めたくないからな。

●運動
うーん、気分爽快っ。やっぱりストレス発散にはコレが一番よね。うふふ。
これで準備運動は完了っと。さあて、今日もやってやりまくってやるわよ~。
おっと、早速きました餌食ども。さあさ、とっととこの槍に食われちゃいな。
ああ、もう快感。体を動かすには、やっぱりザコ狩りが一番なのよねえ。

●運動員
成程な、これだけの人数を集めた理由がわかった。それにしても大した手腕だ。
さてどうするかね。相手が巨大だとわかったのなら、手足をもぐしかないか。
よお、ちょっと相談。連中の動きなんだが、これだけ範囲が広くてさ。
どうやらあの事件は氷山の一角だったらしい。これは手を焼くことになるぞ。

●運動エネルギー
回転を利用してるんだろう。そうじゃなきゃあれだけの破壊力は生まないさ。
それにしても問題は本人じゃなく、奴をサポートしてる連中だろ。やっかいな。
面倒臭い相手だ。周りを始末しないと本体を叩けないぞ。どうするつもりだ。
ふうん、そういう事か。いやはや恐ろしいなお前は。味方でよかった。

 

その404へ  Twitter小説TOPへ  その406へ

全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ
※上記の最新作を当HPで掲載するのは、約半年後になります※

スポンサーリンク

<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!