Twitter小説 その274

●いとぐつ(糸鞋)
この紐、随分とつややかだな。ああ、絹でできてるわけか。珍しい。うん。
ちょっと見せてもらってもいいかい。ああ、なるほど。やっぱりね。
これはどこで造られているのか教えてくれないか。知り合いがいるかもしれなくて。
どうもありがとう。とうとう突き止めたぞ、礼はたっぷりといただくからな。

●いとこ
子沢山で。いや~、じいちゃんばあちゃん、頑張ったなあ。すごい体力。
現代人では考えられないよ。この会場全員が、血のつながりがあるなんてね。
それにしても争いがないなんて、とても平和だよ。おっと失言だったかな。
「社長、それぐらいにして下さいよ。さもないと大目玉くらいますからね」

●従兄妹
ああ、あの人ね。今どこに住んでたっけな、確か引っ越したとか連絡もらったよ。
へええ、そういう関係だったんだ。あれ、私と兄貴の関係、言ってなかったっけ。
ただのイトコだからね。目が放せないっていうか危なっかしいというか。
ま、そんなとこよ。別に特別な関係じゃないから、気にしないでね。

●従姉弟
オトナのオンナって感じだよな。スタイルいいし仕事できるって噂だし。
実は憧れてたんだよね。昔からさ、サバサバしててかっこいいって言うか。
ほら、俺って内気だったじゃん。運動も苦手だし。読書は好きだけど。
純粋に尊敬できる人だよ。んまあ、酒グセは悪いけど、面倒見がいい人だからさ。

●イド語
これは俺たちの仲間内にしかわからない言葉なんだ。はるか昔からあってな。
外部にもらしたら死刑ってぐらいのモンでさ。ここにある理由、わかったな。
つまり、裏切り者がいるってことだ。さて、いったいどういった内容なのかな。
ボスにはおって伝えるとしよう。まずは身辺調査からといきますかね。

 

その273へ  Twitter小説TOPへ  その275へ
全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!