基本精神30「時間の作りかた その1」

おはようございます~^^*

作家たるもの、創作活動に時間をさいて生活しているわけですが。。(当たり前じゃ)

家事にほかの仕事にと、兼業といいますか、同時進行でされている方も非常に多くいらっしゃいます。

 

参考になればと思い、望月が普段どのように創作時間をつくりだしているのかを、書かせていただきますね!

 

まずは、作業工程の中で、時間がかかるものと短時間でもできるものとを分類します。

個人的ですが、前者は主に文章書きや背景設定、後者は主にネタ作りや設定の一部分があてはまります。

状況によっては組み代えますし、どうすればできるかも考えます。

 

で、通常だと上記になりますので、ここからどこに突っこむかを決めていくんですね。

やりやすいのは後者で、いわゆる、スキマ時間を使った方法なんです。

 

乗り物の移動時間だったり、単純作業をしている最中で、家事などをしながら頭でネタを考えるとか。

浮かんだネタから物語を創ったり、考えた設定と矛盾していないか、を中心にやっています。

物語はともかく、設定確認は軽くやる感じですね。さすがに細かい調整までは難しく^^;

 

小説って、結局はパラパラマンガみたいにひとつのシーンをつなぎ合わせたものですから、それらを事前に考えておくんです。

そうすることで、まとまった時間をつくったときに書きだして、前後を入れ替えたり、編集したりしています。

 

そうしないと終わらんので;;

細かく刻んであとでくっつける感じですね。ハイ。

 

次回は、まとまった時間をつくる方法をお伝えさせていただきますね~!

 

ではでは~☆★

<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
未公開作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力

<電子書籍>
各作品についてはこちら

<個人日記>
☆月影にっき☆

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!