基本精神22「自己認識をする → 私は●●だ!」

こんにちは~^^*

最近めっきり更新しなくなってしまいましたが^^;

作品とビジネスに集中してました。

このあたりは個人多岐なことなので日記で書きますね;;

よろしければご覧下さい~。
(暇つぶし程度にw)

で、表題ですが。

作家という職業は、会社員と違って定義がありません。

どういうことかというと、超絶ざっくりな表現ですが、私は作家です、といえば誰でも作家なんですよw

それがたとえ有名じゃなくてもね。

もちろん、アマチュアでも自分は関係ないと思います。

あ。
作品書いていないとかは論外ですよ;;

つまり、あなたが「何者なのか」ということ。

そして、その分野で活躍していくにはどうすればいいのかを考えて結果をだすこと。

その考えを持って行動していれば、早かれ遅かれ、望む結果がでるでしょう。

どれぐらいを望むのかは、もちろん個人差ありますけどね。

ここで重要なのは、周囲がどういおうとシカトすることです。

考えていただきたいのですが、何で他人があなた自身を定義する資格や権利があるのでしょうか。

どうして、あんたは●●だから、何ぞいわれなきゃならんのか?

むしろ、承認できない相手の器の小ささに問題があるんじゃないかって思います。

裏を返せば、友人であるあなたを「認めてくれない」んでしょ。

本当に友達か? って思います。

作家という単語を辞書で調べてみればわかります。

参考にウィキペディアの記事のリンクを張りますね。

以下、最初の行を転載します。

作家(さっか)とは、芸術や趣味の分野で作品を創作する者のうち作品創作を職業とする者または職業としていない者でも専門家として認められた者をいう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%9C%E5%AE%B6

ほらね。

作家ってこういう人のことを言うんです。

だからもしあなたが作家を目指しているなら、どうしても作家になりたいなら、周りの悪口は無視してください。

単語の意味を知ってます? と聞き返してやってくさい。

きっと答えられないと思いますよ。
その人の中で、自分の頭で考えた定義づけをされてないから。

これは何も、作家だけのことじゃないと思います。

無理なんじゃなくて、やらないだけです。

あなたが何かを目指していたり、夢があるなら、諦めないで下さい。

どんなに遠回りしても、続けていればかないますからね!

 

ではでは~☆★

【記事のネタ探しに困っていませんか?】
現役作家である望月が編み出した、ネタが噴水のようにあふれ出てくる方法を、お伝えしてします!

詳しくはコチラ

↓ ↓ ↓
https://goo.gl/lRJ4cc(終了しました)

<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
未公開作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力

<電子書籍>
各作品についてはこちら

<個人日記>
☆月影にっき☆

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!