Twitter小説 その90

●アクリル
プラスチックの原料として名高いアクリルは、身近なものによく使われている。
車のランプや看板など、多種多様だ。成分によっては絵具やガラスにもなる。
熱や気温、電圧などにも耐性があり、ガラスよりも耐久性がある、万能素材だ。
で、授業中に寝るなんざいい度胸をしてるな。ったくもう。

●アクリル樹脂
いってぇ、何だこれ。ガラス、じゃないなアクリル板か。こんなもん張りやがって。
ぶん殴れば割れるだろ。って、あれ。どうなってんだ。すっげぇ堅いぞ、これ。
特殊加工されてるって、どんな風に。テキトーかよ、ぬかすんじゃねぇっ。
ったく、しゃあないな。なら爆破するしかないな。どいてろよ。

●悪路
これ本当に道か。足場が見えないんだが。けもの道っていったほうがいいぞ。
よくこんなところを知ってるな。え、山を庭代わりにして遊んでただぁっ。
見かけによらず野性的だな、お前。そりゃ足も速いわけだ。方向感覚もいいし。
何もいでんだよ。さっぱりしててうまいのか、オレにも。のど乾いた。

●明(あけ)
朝日は同じようにしか上がらないのに、不思議なものだな。心情で変わるなんて。
陥落したときは暗き日々が始まり、今日は花の息吹が感じられる。
季節も人生も同じだと、師匠がおっしゃっていた。どこかで見ておられるだろうか。
今までのことは無駄にしない、決して。出会いも、別れも。すべてだ。

●あけがた
暖かな温もりが上がったよ。ぼくたち花にとって、待ちわびた時間がやってきた。
今日もさんさんと太陽の光を吸収して、次の世代に命をつなぐ準備をする。
ときにミツバチさんに手伝ってもらいながら、ときに踏まれながらも。
命の流れはずっとずっと変わらない。大きい花も、小さい花も。

 

その89  Twitter小説TOPへ その91へ
全体一覧へ

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!