Twitter小説 その58

●あかあしげ
馬の生態レポートを書いてこいって言われてもね。ここ都内なんですけど。
画像検索してたら、毛並が黒いくて徐々に白くなっていく馬がいるんだって。
葦毛っていう馬の毛色なんだけど、格好いいなぁ。ちょっと赤みが帯びてるのもいい。
よし、これを題材にしよっと。ネット様々だわ、助かるぅ。

●あかあずき
うわぁ、真っ赤な実。これ、あずきなんだ。こういう種類もある、と。
もっと暗い赤っていうか、大人しいよね。植物の種類ってハンパないわー。
日本に昔からある食材でもあるんだね。そういやあ枕の中もだっけ。
はあ、先人の人の知恵はすごいよね。どうやって考えついたんだろう。あやかりたいわ。

●あかあわ
はるか昔から存在している食料のひとつ、粟。観賞用としても知られている。
日本には見るために入ってきたらしいが、そのうち食用に栽培され始めたとか。
ちょっと赤みを帯びているあかあわは東北でそう呼ばれていたらしい。
今の日本は食べ物にほぼ困らない。ありがたみを知ったほうが良いだろう。

●あかい
赤色の風景、今も脳裏に焼きついているんだ。周りは仕方がないっていうけど。
わかってる、たかが四歳の子供だった。身を守る術すら知らなかった。
今の力があれば母上をお助けできたのに。わかってるんだよ、本当に。
だからもう、誰も失いたくないんだ。君もみんなも、母上にいただいた命も、ね。

●あかいい
あ、これのこと。赤飯だよ、あかいいっていう人もいたかなぁ。昔ね。
君とおれたちとじゃあ年期が違いすぎるからね~。時代は変わったよ。
でも、人間の本質はまったく変化なしだけどね~。当たり前だけどさ~。
歴史は繰り返される。いい加減、自然の一部だってことを認識してもらいたいねぇ。

 

その57へ  Twitter小説TOPへ その59へ
全体一覧へ

 

<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!