Twitter小説 その376

●うら(裏)
数学的な考えだな。確かに言うとおりでもあるが。はて、どうしたものか。
表は間違いないが、裏は、な。いつでも出られるという点でこちらが不利だ。
そちらを抑えない限り背後を取られて全滅するかもしれないぞ。どうする。
そうか、逆流、だな。逃げると見せかければ欺くことも出来るだろう。よし。

●うら(裏)
往生際の悪い。我らの捜査力をなめないでもらいたい。これが証拠だ。
骨が折れたさ。何分、相手はあんただ。金も力もある人間相手だったんだから。
それでも彼女の無念を晴らすためだ。形振り構っていられなかっただけだ。
背水の陣だったけど。おかげであんたを堕とせた。肩の荷がおりたってモンだ。

●うら(裏)
個人的には後攻のほうがいいんだけど。落ち着くっいうか何ていうか。ほら。
表だと全部終わったときにまだ逆転があるかもしれないだろ。それがイヤ。
受身なのかもしれないけど、コールドゲームじゃなきゃまだ可能性はあるし。
昔からゆっくり動くタイプだったから、じっくり行きたいんだよね。うん。

●うら(裏)
もちろん正規ルートとは外れてるさ。確かに、そっちのほうがカネにはなる。
でもな、必要とする人が大勢いるんだ。この薬は一般人のためにあるんだ。
お偉いさんのことなんか知るかよ。いい医者にいくらでもかかれるんだから。
目の前の命を救えないで何が医者だ。俺はこの仕事を誇りに思ってるよ。

●うら(裏)
一刻を争うってのにまだそんなのこと言ってるのか。ここは戦場なんだぞ。
紙に書いてある通りになるわけないだろ。死にたかったらそのままでいろよ。
武器の扱いかたも大事だが、何より身を守ることだろ。死んじまったら何もない。
得物は体で覚えられる。いい加減体で覚えることを学ぶんだな。ほら。

 

その375へ  Twitter小説TOPへ  その377へ

全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ
※上記の最新作を当HPで掲載するのは、約半年後になります※

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!