Twitter小説 その372

●ウミベミンク(海辺ミンク)
おのれ、人間共め。我が一族をよくもこのような目に遭わせてくれたな。
ちょっと待てよ、これって絶滅した動物の怨恨がこもってる玉だったのか。
やっばいな~。物騒だからとっとと売り払って金に換えよう。おっかない。
それにしても、何だってこういうのが存在してるんだろうな。謎すぎてわからん。

●うみほたる(海蛍)
あ、あの幻想的な景色を生み出す本人がこれ、ね。見なきゃ良かったかも。
んま、見て勝手に楽しんでるのは人間だけだろうけど。意外に凶暴だし。
それにしても人間ってすごいってつくづく思うわ。ほら見てよ、この記事。
何でも転用するんだから、大したものよね。別に私が言うことでもないけどさ。

●うみゆり(海百合)
は、花じゃなかったんだね。てっきりプレゼントしてくれると思ってたのに。
あんの植物馬鹿は。本当に研究のことしか頭になんだから、もう。はあ。
仕方がないか。調べごとをしているときが一番かわいいんだもん。まったく。
もう少し乙女心も理解してくれれば最高なんだけどさ。何気にイケメンだし。

●うみわし(海鷲)
それにしても足、冷たくないのかな。慣れてるのかもしれないけど。裸足だよ。
うう、こんな冷たい雪の中で素足なんてかわいそうだけど。見てられない。
「あ、大丈夫。おれ、人間じゃないんだ。だから全然気にしなくていいよ」
男の子はそういって青色の鷹に化けて、空へと舞っていってしまった。

●有無(うむ、ゆうむ)
人の話も聞けってんだよ。ないものはないって言ってるのにさ。ったくもう。
ま、いいさ。どこをどう探したってシロだしな。好きに見ていけばいいよ。
「これは何だ。この血、被害者のものじゃないのか。いい加減白状したまえ」
あのなあ、これは絵の具だっつーの。このヘボ刑事とっとと出て行けって。

その371へ  Twitter小説TOPへ  その373へ

全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ
※上記の最新作を当HPで掲載するのは、約半年後になります※

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!