Twitter小説 その367

●有無(うむ、ゆうむ)
そちらの都合など、もはや知ったことか。強硬手段しかないだろうに。
ちゃんと話し合いの場はもとうとしたのだ。拒否したのはそちらだろう。
しかし、そちらが言うことが本当なら再度考えてやろう。牢に連れて行け。
さて。これはどういうことか説明してもらおうか。聞いた内容と違うようだからな。

●ウムラウト
へえ、母音の変換、か。日本語にはないよね、たぶん。よし、ググってみよ。
って、パソコンの変換関係しかでてこないっぽいし。あんまり関係ないのかな。
「何やってんの。早く宿題しなさいよ」
はいはい、わかったよ。まったく、うるさい親だよ。こちとら調べごとしてるってのに。
さあて、落とすか。

●ウムラウト
世の中いろんな記号があるけど。何であるんだろうなあ。顔文字のためじゃないし。
そうだったらウケるけどね。昔からあるっぽいから、違うだろうし。うーん。
それにしても本当にたくさんあるな。分野問わずに集めたらどうなるんだろ。
まずはパソコンから拾ってっと。次は図書館にでも行くかな。

●うめ(梅、梅、楳)
豪勢に見えたけど、実際は普通盛だったみたい。よく言うでしょ、松竹梅って。
ランク付けされてるのは知ってたけど、実際の意味だとちょっと違うというか。
あ、そうじゃなくって感覚の問題。ほら梅だと普通よりよさそうじゃん。
クレームなんてつけないわよ。よく見たら小っこい文字で書かれてたし。

●うめき(埋め木)
よく模様を見てみろ。これだと綺麗に見えないだろ。こういう場合はっと。
組み合わせればいいってモンじゃないんだ。それじゃ子供の積み木と同じだ。
俺たちは職人だからな。お客さんの好みもあるが、芸術でもあるんだよ。
ただ単にはめればいいってことじゃないから、やりがいのある仕事なんだよ。

 

その366へ  Twitter小説TOPへ  その368へ

全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ
※上記の最新作を当HPで掲載するのは、約半年後になります※

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!