Twitter小説 その363

●うまれ(生(ま)れ)
いい血筋のお嬢さんだ、きっと売れるぜ。見ろよ、この顔。かなり上玉だろ。
恨むなら父親を恨みな。オレたちは頼まれて仕事しただけなんだぜ。そうだ。
親方の元に連れていかねえとな。おい女、逃げようなんて思わねえことだ。
お前はいい金になる大事な商品だ。飯と水もやる、イイコにしてろよな。

●うまれ(生(ま)れ)
ああ、やはりここが私の生まれた場所なんだ。おかしなことなのだが、な。
まったく記憶にないのに何故か懐かしい。誰かが待っているような気がして。
はは、悪い悪い。干渉に浸っている場合じゃなかったな。もうひと仕事するか。
この戦いが終わったらゆっくり散策してみようかな。何となくだけどね。

●うまれつき(生(ま)れ付き)
なるほどな、よくわかった。お前たちにはわからないかもしれないが。
この子にはとんでもない魔力が備わってる。封印したほうがいいだろう。
そのほうが普通に暮らせるし、隠れ住むにもうってつけだ。それに、こいつがいる。
あんたも守るのなら問題ないだろう。オレも時々様子を見にくるようにする。

●うみ(海、洋、膿、産み、生み)
母体から通じたわけではないからか。やはりこの地が生みだしたた力には。
それにしても、随分人間のように動いている。何かを見たり聞いたり、感じたり。
元々人間ではないからな。いかに成分や構造を真似ても何かが違うのだろう。
それでもいい。あの子達はあの子達なりに存在しているのだからな。

●うみ(海、洋、膿、産み、生み)
とっとと消えてもらおうか。貴様がいたところで害になるだけなのだからな。
まったく、頭の固い老人の扱いには困ったものだ。ましてや強欲ときている。
まあ、こちらの提示した条件を飲まなかったのが悪い。いちいち構ってられんよ。
さて、これからどうするかね。やっと障害のひとつはなくなったし。

 

その362へ  Twitter小説TOPへ  その364へ

全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ
※上記の最新作を当HPで掲載するのは、約半年後になります※

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!