Twitter小説 その350

●うつせみ(現人、空蝉、虚蝉)
セミの抜け殻とドーナッツとスイカの皮、共通してるものは何、だあ。もう。
夏だと思ったけど、ドーナッツって何よ。わっか? 空洞? うう、何よ。
あ、そういうことか。空っぽ、中身がないってことかっ。へへーんだ。
ドーナッツは真ん中があいてて、スイカの中身がなければ空ってことよ。これは。

●うつせみ(現人、空蝉、虚蝉)
まったく、別にいいじゃないか。どういう人生を歩もうと俺の勝手だろうが。
別に犯罪者になるわけじゃあるまいし。何でこう干渉したがるかね。はあ。
親切とおせっかいをちゃんとわけて欲しいね。そんなに言うことを聞かせたいのかよ。
まあいいけど。要は自立できればいいんだろ、やってやるさ。

●うつせみ(現人、空蝉、虚蝉)
別れは確かにやってくる。それは仕方のないことなんだよ。人間だからね。
いつしかわかる。決して無駄じゃあないんだ。ただ、数が多くなるだけだよ。
そう悲しむ必要はない。その分、楽しいこともやってくるのだから。ほら。
お前は動物に好かれるだろう。それは現世に滅多にない美徳のひとつだよ。

●うつつ(現)
今わの際に気づいたところで遅すぎる。やり直せないのだからな。哀れだな。
まあ、同情する必要もない。そういう価値もない奴だ、そのまま捨て置け。
その場その場で真剣に生きなかったクセに、愚痴だけは達者だったからな。
人が忠告してやったのにも関わらず、遊びほうけているからだ。仕方がない。

●うつつ(現)
ここ、どこなのかしら。体がフワフワしてて、実感がないんだけど。うーん。
あれ、そういえばさっきまで何してたっけ。思い出せない。光に包まれて。
ここもキレイなところね。淡い虹色が広がってるみたいで、いつまでもいたいな。
「バカ、かえって来い。そこにいたらマジであの世に逝っちまうぞ」

その349へ  Twitter小説TOPへ  その351へ

全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ
※上記の最新作を当HPで掲載するのは、約半年後になります※

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!