Twitter小説 その35

●あいばん
ある少女を護衛するように、との命令を受けました。アホ上司と一緒ですが。
実は姪にあたる子で、理由あって赤ん坊の頃から会っていません。
本来なら成長を見守りたかったのですが。命令では仕方がありませんし。
年頃の女の子ですから、彼が手をださないように見張っておかないといけませんね。

●IP電話
固定電話を持つ人はあまりいないかもしれないが、番号だけ持つのもよいだろう。
まあ、たまたまインターネットで契約すると特典がついてたから申し込んだが。
FAXで使うときとかは意外に便利だな。電話は携帯ですますけどさ。
ただ、だ。配線がわからなくて使用不可状態だったのはここだけの話。

●愛撫
わが子が、かわいくてかわいくて仕方がない。自他ともに親バカなのだ。
この温かさ、小さな身体、そして、この毛並みと愛らしい顔立ち。
どこをとってもこの子は一番。ずっとなでていたいとのがお分かりいただけるだろう。
今はペットも家族の一員。責任も伴うが人生が楽しくなるに違いない。

●合服
お~お~、衣替えは大変な作業だな。家族が多いと家事の人間が大変そうだ。
オレたちはいちいち着替えたりしねぇからよ。術でちょちょい、で終わり。
んま、そのぶん修行だの気の流れだのと、やるべきことは山積みだが。
人間よりは自由だと思うぜ。死ぬことも金で困ることはないからな。

●愛別
ここでお別れだな。お前とは道が違えるとは思っていなかったが。
だが我らの志が変わったわけではない。通過点が違うだけにすぎないから。
目的地が同じなら、きっとまた合間見えることができよう。そのときは。
どうか私の話を聞いて欲しい。それまでは今のままでいよう、お互いにな。

 

その34へ  Twitter小説TOPへ その36へ
全体一覧へ

 

 

<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!