Twitter小説 その347

●うちわ(団扇、内輪、内曲)
ほお、その様に造るのか。さすがは名の知れた技師よの。感服する。どれ。
もう少し豪勢なほうが良いな。余の威厳が増す様、配色するのだ。頼むぞ。
もちろん、金は言い分を出そう。噂が本当ならいくらかかっても構わんぞ。
見た目は重要だ。それに、そちの働きにも報いてやりたい気持ちもあるのだ。

●うちわざ(打ち技)
武道としては良くないが、戦場ではそうも言っていられないときもある。
型よりも命のほうが大事だからな。なりふり構っている場合でもないし。
ま、現代ではそういうのはなくなっているから、気にしなくてもいいさ。
平和はいい。誰かを傷つけることも騙すこともない。ましてや、殺す必要もないから。

●うちわざ(打ち技)
得物によって得手不得手がある。お前の性格と体格に合わせて選ぶんだぞ。
って言われてもね。初めは何だかわからなかったから適当に選んだんだけど。
あたしの場合はたまたま当たったのよね。助言をもらったっていうのもあるし。
今ではよくわかる。上手く説明できないけど、合ってるっていうのは。

●うちわや(団扇屋)
ほら、あれが団扇売り名人だよ。いったいどうやって売るんだかね。わからん。
ま、商売上手なのはいいことだ。悪い噂もないし、まともな売りかたなんだろ。
リピーターも多いんだとお土産とかプレゼントとかさ。不思議だよ。
縁担ぎなのかもしれないけど、持ってると悪運を振り払ってくれるらしいぞ。

●鬱(うつ)
人によって症状は違うが、やはり味わった人間にしかあの辛さはわからない。
かかったことがあるからわかるが、自力で回復するのはかなりの時間がかかる。
とはいえ、医者にもかかろうとは思わなくてね。薬は使いたくなかったから。
今はいい経験だったと思う。良薬は口に苦しっていうだろ。あれだよ。

その346へ  Twitter小説TOPへ  その348へ

全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ
※上記の最新作を当HPで掲載するのは、約半年後になります※

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!