Twitter小説 その342

●うたがい(疑い、歌貝)
懐かしいわね。昔、貴族として暮らしていたときに遊んでいたはまぐりなのよ。
今でいう神経衰弱のようなもので、和歌の上と下を分けて書いてあわせたの。
そうなのよね。教養がないとできないから当時では重要だったわ。それに。
服も大変だったわ。今の時代のほうが動きやすいから、あたしは好きね。

●うたかた(泡沫)
本当に簡単に消えてしまうものよ。これではつまらん、他に強い者はいないのか。
何だ貴様は。ほう、強そうだな。何だと、はっはっはっ、それはいい。
一級の賞金首が欲しいのか。小娘の分際で大きく出たものよ。来るがいい。
「愚かな。頭の足らぬ者が戦うから簡単に散ってしまうことに気づくがよい」

●うだつ(梲、卯建)
この辺りじゃあ見ないし、昔の話だからね~。火災防止のためだったんだよ~。
今ほど防火剤とかあるわけじゃなかったから、建てかたで防いでたんだって。
ま~、詳しいことまでは知らないけど~。ああそうだ、もっと西ではね。
家の格を決めていた要因のひとつだったようなきがするな~。確かだけど。

●うち(内)
制限時間つきみたいだよ、ほら。壁が迫ってきちゃって、ま~、タイヘン。
当たり前じゃん。こんなことぐらい想定内だって。いちいちうろたえるなよ。
こういうときは、罠を解除するか強行突破しかないんだって。ほら、構えて。
どー見たって解除できるわけないだろうが。突破すんの、一発かますぞっ。

●うちうち(内内)
外面よくて内面悪し、だろうな。この国じゃあよく見られるパターンだぜ。
ったく、別にいいんだけどよ。肉親に当たるのもどうかと思うんだよな。
かといってからかわれるのもイヤなんだが。それはアイツがひねくれてるからだ。
愛情表現のひとつだとわかるのに苦労したんだぜ。しょうがねえ奴だよ。

その341へ  Twitter小説TOPへ  その343へ

全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ
※上記の最新作を当HPで掲載するのは、約半年後になります※

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!