Twitter小説 その340

●うそ(嘘、鷽、鷽、嘯)
これは鳥の鳴き声だ。もう春なんだな。どうりで暖かいわけだよ。うん。
さすがに私たちも感覚があるからね。なくすこともできるが。それはともかく。
この島国は季節を楽しむのにもってこいだ。とくに春は草木も青々としてる。
最近はおかしなことになっているが。そろそろ行動を起こすべきなのか。

●うそ(嘘、鷽、鷽、嘯)
ああ、完全に作り話だけどな。そういうヤツを作るのも面白えかも。
伝承なんざそんなモンだって。逆にそれを利用して創っちまうこともあるしな。
そのほうが信じこませやすいんだよ。勝手に言ってることが現実化しただけだが。
ま、想像力が豊かなのはいいことなんじゃねえのか。妙な話だけどな。

●うそ(嘘、鷽、鷽、嘯)
鳴り響いたな。それにしても不思議な口笛だ。人間のものとは思えない。
だから合図に使われたんだけどな。この音じゃあ、獣の鳴き声そのものだし。
よし、ぬかるなよ。この音が響いた周辺を徹底的に探し出すんだぞ。
そして確実に始末しろ。肉親、縁戚、関係なくすべて殺すんだ。聞いた人間全部だ。

●有象無象(うぞうむぞう)
そういう連中は無視してもいい。だが、反乱にだけは気を配るのだぞ。
あの愚民どもめはつけあがることがあるからな。我等に対する感情を他に向けよ。
何、大きなことが起これば大したことではない。どれ、ひとつ策があるぞ。
実行すれば寺に駆け込むものが増える。そうすれば手を回せるというものよ。

●うた(歌、唄、詩)
どうしてこういう文化になったんだろうね。今の歌と昔の歌って違うじゃん。
まあ、時代の違いだから比べるのはおかしいかもだけど。踊りもそうだし。
服もそうだけど。この短い歌の中にこめられた想いってさ、きっとさ。
時代を越えても変わらないんだろうね。そのうち今の歌もそうなるんだろうなあ。

その339へ  Twitter小説TOPへ  その341へ

全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!