Twitter小説 その326

●羽部(うぶ)
はあ、何かの漢字かと思った。考えてみりゃこの世界に漢字なんてないしな。
オレの世界では羽が生えてる動物、鳥とかを示す文字に使われることが多い。
っつっても、ここじゃあ役にも立たないけどな。ただの見間違いだよ。
それにしても、ホームシックなのかなあ。家のカップラーメンが恋しいや。

●雨部(うぶ)
天気や現象を表すことが多いが。この問題もこれらに当てはまるのか。はあ。
誰だよ、こんなややこしい問題を作ったのは。漢字パズルじゃねえんだから。
それにしても、どうしてこんなことをやるハメになったかな。ったくもう。
仕方ないか。こんなワケのわからん空間から出るためだ。急ぐとしよう。

●右府(うふ)
あちらの大陸ではそのように呼ばれているのだ。しかし、どうしてこの文字が。
成程。難しく書いてあるようだが違う。紙を折って、この文字をだすと。
ほらな。まともに読めるようになった。しかし考えたな。誰の悪戯かな。
ちょっと文字をかじった程度ぐらいだろうが、中途半端で誰だかわからんな。

●うぶごえ(産声)
ああ、生まれたんだな。よかった、妻と子は無事か。そうか、良かったよ。
ま、待てお前たち。ふたりをどこに連れて行く気だ。何だって、国王が。
そんな、何故だ。王のご不興を買うことなんてしていないはず。待ってくれ。
それから妻子の行方はつかめない。だから今、必死に探しているところなのだ。

●うぶゆ(産湯)
ふふ。命ってすごいわね。こうしてみんな生まれてくるのね。人間ってすごいわ。
こんな小さな赤ちゃんが、十年後にはもっと大きくなってるんだもの。
楽しみね。この子が大きくなる頃には、戦も終わっていればいいのだけど。
殿も跡継ぎができて喜ばれる。これで両親にも顔向けできるわ。安心した。

 

その325へ  Twitter小説TOPへ  その327へ
全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!