Twitter小説 その319

●うでまえ(腕前)
成程、それは興味あるな。きっと才能豊かな子なのだろう。連れてまいれ。
よしよし、そんなに怯えなくても大丈夫。お前の力を見せて欲しいだけだよ。
ふむ。間違いない、この子だろう。館に連れて行け。ちゃんともてなすように。
さて美しい母君。あの子の傍にいたいのならこの書類にサインするのだ。

●うでわ(釧、腕輪)
珍しい形のものだな。どこで手に入れたんだ。へえ、親に作ってもらった。
職人さんだったのか。それで手先が器用なのかもな。武器の手入れ上手いし。
そうか。兵士が来て連れ去った、と。悪かったな、込み入るつもりはなかった。
父親を取り返すために自ら武器を手にした、か。嫌な世の中だよな。

●雨天(うてん)
おかげ様で体育祭が中止になったけど。良かったわよ、運動音痴の私には。
っとにもう、どうして全員参加なのかな。やりたい人だけやればいいのにね。
文化祭もそうだけど、強制参加は面倒よね。自主参加でいいと思わない。
あ、でもそうしたら自分で選択しなきゃいけないのよね。それも面倒だなあ。

●うど(独活)
多くの場所で生えてるからな。比較的良く知られている野菜だけど。あ、これ。
このぐらいが食べごろなんだ。結構でかくなるから意外だろうけどね。
たけのこもそうだろ。昔からの知恵ってやつだよ。薬にも使えるんだと。
そっちは専門外だからわからないけどさ。自然の恵みは色々と使えるんだって。

●烏兎(うと)
面白い話をしよう。昔、カラスとウサギがとても仲良く暮らしていたんだ。
でも、あるきっかけのせいで、とても関係が悪くなったんだよ。それでね。
カラスは太陽に化けて、ウサギは月に行くことにしたんだって。作り話だって。
で、太陽をカラスが、月にはウサギが住むって言われるようになったんだ。

 

その318へ  Twitter小説TOPへ  その320へ
全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!