Twitter小説 その309

●うたたね(転た寝、仮寝)
このタヌキ、ほら、ねてるフリはいいからとっとと行ってきなさいってば。
本当にもう。あれでちゃんと稼いでくるんだから不思議だね。いいんだけど。
家じゃあ完全にダメ亭主そのものだけどさ。外ではすごくやり手なのさ。
意外かい。そりゃそうさ、仕事の顔と家の顔と、あの人は使い分けてるからね。

●うだつ(梲、卯建)
今と昔じゃあ呼び方が違うだけで、内容は一緒だ。重要だから覚えて置けよ。
まあよ、学生の頃のようにテストにでるわけでもねえから、覚えるこたあねえさ。
じいさまに教え込まれたんだが、ちっとも使わなかったしよ。雑学でいいさ。
それよりもほら、ちゃんと基本を覚えろよ。名前も組みかたもな。

●う段
三段目には何があるか。それはきっと文字をたどればわかると思うぞ。
この辺りを見てみろ。暗号のようだけど、実際は簡単な謎かけに過ぎない。
まったく、誰がこんないたずらをしたんだか。時間がもったいないから行こう。
に、しては。随分と古風な建物だな。やっぱり何か、宝とか中にあるのかな。

●うち(内)
手の内の中、とでも言いたいわけか、あの男は。馬鹿なヤツだな。ふん。
正直、男と二人なのがいただけないのだが。どうせなら彼女とが良かったなあ。
はいはい、わかっているよ。そうはいっても、君なら簡単に脱出できるだろう。
私はここで足止めしておくから、外を頼んだよ。では、また後で会おう。

●内(うち)
この内に入れれば問題ないわよ。外が厳重なだけで、中はすっからかんだし。
ちゃんと調べてきたから大丈夫。任せてよ、伊達に調査員を長くやってないって。
でもね、これだけは気をつけて。センサーよりも、うろついてる機械に、ね。
襲ってくるならまだしも、そうじゃないからよくわかんなかったの。

 

その308へ  Twitter小説TOPへ  その310へ
全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!