Twitter小説 その297

●いまちづき(居待ち月(ゐまちづき))
おや、日付を間違えてしまったかな。随分と遅いお出ましで。まあいいが。
相手に何を言っても無駄か。天では人間の戯言など聞きもしないだろう。
ふふ、だから酒を片手に物思いにふけるのも一興なんだがね。君はどうかな。
どうせなら美女といたほうが楽しいからね。良ければ楽を奏でてくれないか。

●いみ(忌み、斎)
ここには近づかないほうがいいよ。穢れが蔓延しているっていうからね。
まったく馬鹿な連中だ。まあ弱いものは恐怖をまけばすぐにおどおどするからな。
これでこの館には誰も近づくまい。厄介な連中を除いてな。噂をすれば、だ。
罠だとわかって来たのか、調査しに来たのか。浅はかなのは同じだがな。

●意味(いみ)
この手紙は何を語っているのだろうな。深く読んだほうがいい気がする。
それにしても、いきなりいなくなるなんて。一体、何があったんだろうな。
今まで何も言わず、部屋にこもりきりだったのに。妙な前兆とかなかったか。
突発的ならともかく、計画的ならいろいろと面倒なことが起こりそうだぞ。

●異味(いみ)
何じゃこりゃ。何て表現したらいいんだろ。不思議な味だ、美味いとはいえない。
でも、不味いわけでもないな。食感もゴムみたいによく噛まないと飲めないし。
う~ん、マジで何なのだろう。なんかこう、ズバッっていう適切な言葉がないんだけど。
摩訶不思議っていっとこうか。食えばわかるよ、ほら。

●移民(いみん)
三世代にわたってこの地を開拓してきたってことか。その精神がすごいな。
それにしても、ここはまったくの未開の地だっただろ。それをここまで、ねえ。
耕すのにもかなり重労働だったに違いない。たとえ機械があっても、ね。
長い間放置してたんだ、植物が根付くのも大変だったと思う。状態悪いしね。

 

その296へ  Twitter小説TOPへ  その298へ
全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!