Twitter小説 その288

●猪鹿蝶(いのしかちょう)
いわゆるカードゲームだよ、昔のね。札の絵柄を集めて点数を競うんだ。
色々描かれているけど、季節を表現してるんだ。混ざるとわからなくなるけど。
これはその点数稼ぎのひとつなんだ。並べてご覧、ちゃんと文字通りになるだろ。
他にもあるよ。頭を使うから、暇つぶしにはちょうどいいかもね。

●いのしし(猪、豬、野猪:ゐのしし)
都内じゃさすがに見ないけど。ちょっと外れたところに行けば見れるよ。
ま、ちゃんとした店なら血抜きもされてておいしいから食べてみたらどう。
個人的には味噌汁が一番好きだけど。ま、調理法によって変わるから。
モノは試しでやってみたら。今ならネットでも売ってるんじゃないか。食べてみなよ。

●イノシシ科
哺乳類のひとつでって、名前どおりだけど。ちなみに短足ばかりじゃない。
それはともかく、鼻が敏感なんだ。ほら、聞いたことがないか。
ヨーロッパではトリュフを探すのにブタを使うことがあるって。性質を利用してるんだ。
こう考えると、細かく分類されているのは、ちゃんと意味があるってことさ。

●いのち(命)
終わりは、生まれたそのときから一生逃れることができない宿命だ。
生きとし生きるものは、すべてがそうなっている。なら、違う我々は何か。
そう考えているうちに、随分と長い時間が過ぎた気がする。そういえば。
その間にいくつもの文明が生まれては消えていった。すべて人間たちが作り出したがな。

●命
普通の人間は、自然の声を聞き取ることはできない。そこまでの能力もないし。
まあ、感受性の問題もあるけどね。あとは特殊な血筋、とでも言っておく。
そればかりは選べないからな。そこに生まれた以上、役を演じないと。
気持ちはわかるが、逃げたところで連れ戻されるだけだぞ。なら、簡単だろ。

 

その287へ  Twitter小説TOPへ  その289へ
全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!