Twitter小説 その283

●犬(いぬ)
ふん、とるに足らんな。期待して損したわ。ワシは帰らせてもらうぞ。
まったく、時間の無駄をしたものだ。あのような者を遣いによこすとは。
それともワシをからかっておるのか。爺が何をしておるのやらな。ったく。
余程暇をもてあましていると見える。うらやましい限りだな、暇人という身分はな。

●狗(いぬ)
あの雰囲気はまちがいない。政府の犬だ、気をつけるように。普通に接しろ。
おろらくアジトを嗅ぎつけるために中央がよこしたんだ。抜け目のない連中だ。
だが、そうとわかった以上、こちらも抵抗しなければならないな。なぜって。
信用されてないってことさ。それならそれで動きかたを変えればいい。

●いぬあわせ(犬合わせ)
この大会で優勝した者に、あの景品か。ずいぶんと太っ腹だな。そうだな。
あの人は闘犬観賞が趣味らしいからな。金持ちのやることはわからんよ。ったく。
まあいい、目当てのモノが表にあるなら、正攻法でいくとしますかね。さて。
どの人を雇おうかな。どうせならイケメンで金持ってる人がいいなあ。

●いぬい(いぬゐ; 戌亥、乾、犬居)
ほお、随分と挑発的だな。何だその構えはどこの流派のものなんだ。何だって。
自己流とな。ははは、これは傑作だ。こんな小僧の編み出した剣がこれか。
面白い。我が弟子を何人も倒したと聞いていたからどんな豪傑かと思ったが。
貴様、私の教えを学ぶ気はないか。貴様の剣と融合させていくがいい。

●乾(いぬい)
さて、どうするかね。行きたくないんだよなあ、この方角にはさ。だってよ。
こないだの占いで出ただろ。しかも高名な陰陽師ときたもんだからさ。
ううう、しょうがない。何もなかったらすぐに帰ってくればいいよね。よし。
あれ、こんなところに鳥居がたってる。おかしいな、ここは何もなかったはず。

 

その282へ  Twitter小説TOPへ  その284へ
全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術(現在停止中)
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!