Twitter小説 その250

●いちまつ(市松)
あの美しい男児はどうしたんだろうね。本当にかわいい子だったからねぇ。
親御さんを亡くして傭兵共に連れて行かれちまったらしいよ。かわいそうに。
さぞかし悲惨な目に遭ってるんじゃないのかい。余裕がなくて助けられなかったよ。
生まれ育った場所での会話だが、上辺っ面の連中が相変わらず多い。

●一目
どうして碁石がこんなところにあるんだ。しかも一個だけだし。うーん。
いたずらか忘れたか。いや、落としたのかな。とりあえず机にしまっておこう。
よしよし、作戦成功。消しゴムだと使われちまうからな。石にしてよかった。
これで研究所の情報が手に入りやすくなったぞ。誰も盗聴器とは思うまい。

●一夜
今夜限りだ。これで終わりにしよう、君にとってもそれがいいだろうからね。
まったく、初めに深入りはしないって言ってあるのに。どうしたものかな。
まあそれが私の魅力なのかもしれないが。あいにく一人に縛られるのはゴメンでね。
現れるだろうか。本当に心から燃え上がる愛情を傾ける相手が。

●いちょう(銀杏、公孫樹、鴨脚樹)
食に材木に、と。いやあ働き者だね、お宅も。潤してあげてるんだね。いやいや。
嫌味じゃないって、うらやましいんだよ。こちらからすれば、さ。考えてごらん。
こちとら目の保養にさせてあげてるだけだし。というか、勝手に見てるんだけど。
まあ、適材適所なんじゃない。人間の言葉で言うと、さ。

●胃腸
あんまし強くないんだから暴飲暴食は控えたほうがいいって言ったのに。
言わんこっちゃないなあ、もう。ほら、寝てないでとっとと起きなって。
よい歳こいて下らんこと口にするんじゃない。情けない奴だな、っとに。
どういう育ちかたしたんだ、親の顔が見てみたいよ。甘ったれすぎてイライラする。

 

その249へ  Twitter小説TOPへ  その251へ
全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!