Twitter小説 その245

●いちご(苺、莓)
うっほおっ、甘くておいしいっ。やっぱり取れたてが一番だね。ほらほら。
遠慮したらソンじゃん。食べていいっていうんだからさ、大丈夫だって。うまっ。
何言ってんの。ちゃんとオレだって働いてますってば。護衛、やってるでしょ。
腹が減っては戦はできぬってね。あ、もうひとカゴもらってもいい。

●一時
指定の時間になったな。しかし、いったいどこからやってくるのやら。
道なき道を通るにしても、今宵は新月。松明では心もとないだろうに。そうだな。
それは人間の場合だけだったな。相手は物の怪、人ならざる者なら無意味か。
来たか。ほお、美しさをまとった人外か。確かに馬鹿な男は引っかかるな。

●一時間
この一時間でどんだけ倒せるかって。ボーリングじゃないんだから勘弁してよ。
って、あんた。よくそんな大きい武器を振り回して疲れないわね。さすがだわ。
ふう、これは確かに大変だわ。私の手には余るものよ。連れられない理由がわかった。
それにしても、本当に時間が止まってるみたいな風景ね。

●一時金
それって意味があるのかね。ただのバラ巻きなんじゃないのかって話もあるけど。
ま、もらえるモンはもらっとけ的な、ね。合法だからいいんじゃないのか。別に。
しかし、流れを考えたらおかしいんだよな。どうしてそんな金が出てくるのか。
気づかないものなのかねえ。それが奴らの罠だってことにさ。

●いちじく(無花果、映日果)
これは古来からよく食べられている植物でね。甘くておいしいんだよ。ほら。
不老長寿の実とも言われてるらしいけど、その辺りはよくわからないな。
ああ、この国だとほんの数百年前だったかな。確かそのぐらいだったね。
歴史には興味なくてね。それよりも楽しい人と一緒に過ごすほうが好きなんだよ。

 

その244へ  Twitter小説TOPへ  その246へ
全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!