Twitter小説 その241

●イタリア語
よく音楽で使われているドレミがあるだろう。あれもイタリア語なんだよ。
歴史があってね、まあ長くなるから詳しくは避けるけど。十五世紀ぐらいかな。
当時、全ての中心地だったんだよ。政治も芸術も、何もかもね。それが元。
意外に身近にあるだろう。まあそんなモンだよ。文明開化以降は、ね。

●イタリア人
へえ、そこの出身なんだ。今は研修のために来てるってか。たいしたもんだね。
それだけ日本語がしゃべれれば大丈夫だと思うよ。この国の人々は優しいから。
親切だしね。こないだも道に迷って話しかけたらスマホ片手に教えてくれてさ。
でも何だろう、静かなんだよね。もっと元気でもいいんじゃない。

●イタリック
こちらの法が手書きの際に楽だからね。あまりに汚いと読めないけどさ。
まあまあ任せてよ。ちゃんと話せるし書けるんだから。で、どんな内容だっけ。
うーん、専門的なことなんだ。わかった、この分野のことを調べてみるよ。
ふ、あっけないな。愛想をよくして引き受ければ、疑われもしないなんて。

●い段
ふうん、そういうことか。貸してごらん、まったくややこしいと言うか何と言うか。
よく考えたもんだ。要するにこの段から連想されるものを選べってことだよ。
ったく、遺跡だからしょうがないところはあるけど。それにしても変だよな。
どうしてわざわざ外国の言葉で仕掛けを作ったんだろう、謎だな。

●いち(市)
さあさ、期間限定市場が開催だ。たんと見ていい買い物をしていってくれよ。
お、さっそくだねお客さん。随分と目がいいじゃないか。そうそう、本物だよ。
これは目玉商品でね、後で行われる競り商品なんだ。立派なモンだろう。で。
お宅はアッチ関係だね。わかるさ、オレは主催者だからな。どうぞ。

 

その240へ  Twitter小説TOPへ  その242へ
全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!