Twitter小説 その231

●イスラム教
おっと、調理には気をつけてね。豚と酒類は絶対に使わないように。これが一覧。
これは彼らの思想であり文化のひとつだから仕方がないんだ。イチャモンじゃないって。
いい人たちだよ。だから遊びに来てくれるってわかったときうれしかったな。
世話になった人たちだから、ちゃんともてなさないと。

●医生
ふうん、お前が特待生か。いかにもガリベン君って感じだよな。だっせえメガネ。
ま、優等生クンにはお似合いだな。どうせ勉強しか取り柄がねえんだろ。
オレみたいに金持ちに生まれてりゃ、もう少し楽に学生生活を送れたのにな。
しっかし驚いたよなあ、学園内一の美女がこいつにホレてるんだから。

●威勢
随分と威勢のいい町だな。何か祭りでもあるのだろうか。ああ、成程な。
この地域を見守る神の誕生祭、ね。生憎私はそういうのは信じない性質だが。
人々が幸せそうに過ごしているのを見るのは悪くない。この世情だ、これぐらいはな。
だが、もうすぐ人によるが嵐が来るのを知っているのだろうか。

●異性
本当は優しい人なんだよ、戦いには向いてないんだから。何が目的なワケ。
場合によってはヒドいよ。オレだって遊んでるわけじゃない、心配してんだから。
今日という今日こそ白状してもらう。どうして彼女を戦わせるのかって。
べ、別にそんなんじゃない。ただ、気になるから聞いてるだけだよ。

●伊勢海老
うっほう、今日は豪勢じゃん。新年だけあるね、大変だったでしょ。ほらお皿。
どっから三匹も手に入れたのさ。いやあ、日頃の行いがいいとこうなるんだね。
うん、うまいっ。これはおいしい、ほらほら、滅多に食べれないんだからさ。
ごちそーサマ。で、何。新年早々、お願いがあるからなんでしょ。

 

その230へ  Twitter小説TOPへ  その232へ
全体一覧へ

公開時点での最新作はコチラ

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!