Twitter小説 その223

●医者
まれに見る現象ですね。少し様子を見ながらにしましょう。また来てください。
しかしあの患者、どうも様子が変だったな。普通の風邪ともいえなくなんだけど。
どうしたんだ。えっ、さっきの患者さんがなくなった。そんなバカな。
まさか新手のウィルスだったのか、私を殺すために送り込まれたか。

●いしやきいも(石焼芋)
いやあ、やっぱり秋といえばイモだよね。とくに昔ながらの焼き芋は最高だよ。
あちちち、あち。まあこれが醍醐味、ほぉ~ら、ホックホクで甘くておいしい。
しっかしいまあ、さすがに三日連続は飽きてきたなあ。他のも食べたいんだけど。
大学イモとチップスと。箱いっぱいのイモ、どうしようかな。

●石焼き鍋
ああ、昔とある漁師が暖まっているときに考え出されたらしいよ。
しっかしすごい迫力だね。さすがは郷土料理、野菜も入ってて体によさそう。
すごく体が火照りそうだよね。早く食べたいなあ、石はもういいからさ。
それにしても、見た目でも味でも楽しめるなんて。こりゃ宴会で見せるわけだ。

●胃弱
随分と顔色が悪いな。ストレスがあるんじゃないのか。あの職場だからな。
あまり無理はするなよ。元々胃が弱いんだからさ、ほらこれでも飲んで。
あまり背負い込みすぎるなよ。何でもかんでもやらずに人に任せろって。
誰だって二十四時間しか持ってないんだから、誰かにやってもらったほうがいい。

●異臭魚
この辺りの魚もダメだな、汚染が進んじまってる。まったく、面倒くせえな。
人災とはいえ、後処理が大変なんだよ。まあ、連中もワザとやってんじゃねえからな。
これが仕掛けられたモンならそいつらを血祭りに上げてやるって。敵だからな。
ま、オレらの存在が人間はわかっちゃいねえからな。はあ。

 

その222へ  Twitter小説TOPへ  その224へ
全体一覧へ

 

スポンサーリンク


 

<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!