Twitter小説 その18

●愛顧
ご愛顧(あいこ)されれば出世が早まるのは周知の事実。人脈も得られる。
こび売ればいいってもんじゃなくて、役に立って気に入られるか、だ。
力もつくしたくさん教えられてとても助かるが、周りの標的にもなる。
訳の解らんこといってるヒマがあるなら、自分を鍛えればいいのにと、俺は思うよ。

●あいご

アイゴという魚をご存知か。刺身もよし焼いてもよし、一夜干しもよしの魚だ。
地域によってはあまり好まれないようだか、個人的には刺身が好き。
ただ皮を焼くと臭うので、苦手な方はお気をつけを。それにしても、だ。
巨大なアイゴが焼かれた皮を巻いて追いかけてくる夢はちょっといただけない。

●愛妓

情報収集の場として料亭や歌舞伎座、水茶屋がある。芸妓として侵入するのだ。
ここで愛妓(あいご)になれば指名も増え、標的に近づきやすくなる。
中には身体を求めるのもいるが、の場合はあり得ない高額料金で回避した。
時代が変わりつつあるが結局、間者がいなくなることはないということか。

●愛語

御仏はわたくしを救ってくださいました。荒んでいた心に潤った感覚です。
以前のわたくしのように苦しんでいる方に愛語(あいご)をしております。
まだ未熟な身ですが、御仏の加護がいかに素晴らしいかを説きましょう。
そう。神によって永遠の眠りがもたらされ、我が国の復興が始まるのです。

●愛護

力なき者は愛護(あいご)の対象だ。中には装っているのもいるが。
事件が起きたのは、その中に義賊と呼ばれている大盗賊が紛れ込んだことだ。
盗んだものを金に替え住民に与えているので、皆その女を引き渡しはしないだろう。
捕まえて来いと命令されたが、むしろ捕まえるのは悪徳大臣の方だ。

 

その17へ  Twitter小説TOPへ  その19へ
全体一覧へ

 

<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
未公開作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!