Twitter小説 その178

●案内
案内ご苦労。ここからは我々に任せてくれ。君は安全な場所に戻るんだ。
ん、どうした。何だって、一緒に戦うだって。バカを言うんじゃない。
君のような子供を戦いに参加させるわけにはいかないんだ。ほら、報酬だ。
握らされた袋には、思っていたより重かったが、少年の心はもっと重くなっていた。

●安養界(あんにょうかい)
待てやコラ。おめえはここから先に行く資格がねえみてえだな。引き返しな。
ったく、どさくさに紛れてコッチに来ようとするバカがいるせいで大変だぜ。
いつになったら休ませてくれんのやら。ここ五、六百年ぐらい休んでねえ。
よお、もしかして飯か。そういやあ腹減ったな。ちょっくら休憩するか。

●安養浄土 (あんにょうじょうど)
阿弥陀如来が住まうとされる場所。世界の西側にあるとされているが。
日本から見て西側は中国やヨーロッパなどの国々があるだけなのは承知している。
ただ、宗教感というか、日本が島国だと知らない時代は永遠に続く大地だったのだろう。
知っているか知らないかで、コレだけ見方が違うのも面白い。

●安寧(あんねい)
結局は、どの時代も変わらない、ということか。まあ、それもそおうだな。
人間自体が変わらぬのであれば、時代が変わろうと問題などいくらでも抱える。
まこと面白い生き物だ。美しくもあり醜くもあるという、陰陽そのもの。
それが世を構成していることに、気づく者がどれだけいるか。見ものだな。

●安穏(あんのん、あんおん)
今まで平和な環境だったのです。ショックは隠しきれないでしょう。
本当に運命は残酷ですね。まだ十五歳なのに、故郷を壊滅させられるとは。
わかっていたとはいえ、心が痛みますよ。防ぐことができなかった自分が情けない。
ええ、もちろんわかっています。ですがあの子は何も知らないのですから。

 

その177へ  Twitter小説TOPへ その179へ
全体一覧へ

<メルマガ>
最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Line@をはじめました!>
望月の創作課程や日常(!?)を配信していきます。
https://line.me/R/ti/p/%40bur6298k
または「@bur6298k」を検索してください。

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!