Twitter小説 その177

●安堵(あんど)
本当にそのような地方で良いのか。本に変わり者よな。
そなたにならもっと良い土地を授けるものを。それだけの功績を上げたであろうに。
欲がないというか、何というか。だからこそ皆、そなたについていくのだろう。
あいわかった、その土地と海側のすべてをそなたのものとしよう。これで良かろう。

●暗鈍(あんどん)
ふうん、あの男もバカなことを考えたわね。この私を封印しようだなんて。
そんなことをされたら自由に遊べないじゃないの。冗談じゃないわね。
教えてくれてありがとう。お礼に、美しい私の力におなりなさいな。
おかしな子ね。私の力になる、というのは同化すると言うことなのに。美味だわ。

●行灯(あんどう、あんどん)
あれが目印だ。ぱっと見た目はわかりづらいが、下に紅色が塗ってあるだろ。
他の色もあるが、それは後日教えよう。今は技術を覚えることが先決だ。
事情は知らねえが、売られた以上は覚えて稼いでもらわないとお互いに困る。
お前さんの気持ちはわかる、俺もそうだった。早く殺しに慣れるしかねえ。

●行燈(あんどう、あんどん)
これで足りるか。わかった、もう少し油を持ってくる。他にはあるか。
了解、伝言任された。じゃあ、行ってくるからもう少し待っててくれ。
っとにもう。本当に世話が焼ける奴なんだから。まあ、嫌な思いはしないが。
人徳なんだろう。俺も見習うべきところがたくさんあるが、しっかりしてほしいな。

●闇鈍(あんどん)
詰めが甘かったようだな。この程度の知略でどうにかなると思うとは。
まるで戦を知らない子供のようですね。それともお坊っちゃま育ちなのかな。
どうにしても問題ありませんよ。ですが、囮の可能性もありますが。
捨て石にはちょうどいいからでしょう。念のため調べてきたほうが良さそうですね。

 

その176へ  Twitter小説TOPへ その178へ
全体一覧へ

<メルマガ>
最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Line@をはじめました!>
望月の創作課程や日常(!?)を配信していきます。
https://line.me/R/ti/p/%40bur6298k
または「@bur6298k」を検索してください。

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!