Twitter小説 その162

●あれ
あれあれじゃない、ちゃんと言ってくれないとわからないっつーの。
そのうちボケるよ。リモコンならリモコンって言ってよね、っとに。
まあ、何となくわかるのも家族だからかな。って、何顔赤めてんのよ。キモイし。
オヤジ、歳考えてよね。だぁーもう、お母さん、このクソオヤジを何とかして。

●彼此(あれこれ、かれこれ、ひし)
この中からひとつを選べってか。で、四つのうち三つがハズレで。
ヘマをすれば足元のガイコツの仲間入りっと。古典的だけど笑えねぇな、はてさて。
ま、こちとら依頼を完遂させなきゃならねぇからな。さて、どれを使うか。
心配すんなって。ドジったとしても生きてりゃ何とかなる。任せなよっ。

●荒地(あれち)
ほぉ~、ここが例の場所か。確かに見た限りは何にもない荒地だ、よく考えたよ。
しっかし結界が張ってあるとはいえ、よく気づかれなかったな。うん。
こまめに張り替えてたんだろうよ。そうまでしても隠したい何かがあるってことだ。
さて、最後のヤツを解除するぜ。腰抜かさないようにしとけよ。

●アレルギー
例えるなら食べ物のアレルギーみたいなモン。それが特定の魔法で出てんだろ。
オレも始めて聞いたし、調べてみないと結論が出ない。何かあるのは間違いない。
分析しないとわからねえから、少し時間くれよ。その間、奴らをよろしく。
悪いけど手伝ってくれ。魔法が使えるの他にお前しかいないから。

●アレンジ
なるほどね。そういうことなら、こっちはこの方法で応戦すればいいわ。
任せなさいって。伊達に二十数年、道を歩いてないんだから。え、何よその顔は。
当たり前じゃないの! あたしぐらいになると実年齢と見た目年齢は違うのよ。
すでに数百年前から肉体年齢は止まってんのよ。早く対応してっ。

 

その161へ  Twitter小説TOPへ その163へ
全体一覧へ

 

<メルマガ>
最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Line@をはじめました!>
望月の創作課程や日常(!?)を配信していきます。
https://line.me/R/ti/p/%40bur6298k
または「@bur6298k」を検索してください。

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!