Twitter小説 その139

●あまぎり(雨霧)
違う。これは雨じゃない、結界の一種だ。また面倒なものを使いやがって。
閉じ込められたんだよ、この森の中にな。どうしても国へ行かせないらしい。
バカな連中だ。このオレがいることを知らないらしい。任せとけって。
水の守護を受けてる奴にこんな子供だましが効くわけねぇじゃん。なあ。

●あまぐも(雨雲)
待って。夕方ぐらいに大雨が来そうだからどこかで雨宿りしようよ。
ほら、あの雲を見て。あの雲は近いうちに大雨と強い風をもたらすのよ。
この辺りにしか発生しないらしいんだけど、この時期はいつも気をつけてる。
よく外に出かけるもん。山菜を取りに行ったり、荷物を届けたりしてるしね。

●あまご(甘子)
ほれ、お前もやってみたらどうだ。都会人もたまにはゆっくりしろよ。
釣りはやったことあるのか。あらら、ぶきっちょだな。こうやるんだよ。
っと、そうこうしているうちに釣れてたし。塩焼きにしたらうまいんだぞ。
自分の分は自分でっていうのが慣わしでな。頑張れよ、手伝いはしてやっから。

●あまざけ(甘酒)
ま、まあ文字だけ見るとそう勘違いしてもしょうがないわな。そうじゃないって。
大人用の酒に砂糖とかを入れて甘くしてるんじゃなくって米からできてるんだ。
コウジって奴で発行させてな。他のやりかたもあるが、まあいいだろう。
子供でも安心して飲めるぞ。酒じゃないからな。祝いに一本どうだ。

●あましずく(雨雫)
天が泣いているのか、それとも民たちが流しているのか。いや、両方か。
私ではないさ。泣いてどうする、現状が変わるわけじゃないんだから。
それよりもこの状況をどうすれば脱出できるのかを考えなくてはなるまい。
一刻も早くここを去らねば。突破口を開ければ、全員が助かるだろうから。

 

その138へ  Twitter小説TOPへ その140へ
全体一覧へ

 

<メルマガ>
最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Line@をはじめました!>
望月の創作課程や日常(!?)を配信していきます。
https://line.me/R/ti/p/%40bur6298k
または「@bur6298k」を検索してください。

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!