Twitter小説 その125

●あなうさぎ
どんなに見た目がかわいい動物でも、人間にとって害ならば邪魔者扱い。
害獣となってしまったからには、人為的に駆除されることもあるだろう。
元はといえば勝手に持ち込んだのが原因だと思うが。まあ、それはいいか。
彼らは生き残るために適応したにすぎないだろうから、誰も責められないさ。

●あなかんむり
漢字にも様々な部首があってね。これもそのひとつだよ。書いてごらん。
そうやってひとつひとつ覚えていけばいい。一気には誰も記憶できないからね。
何事もそうさ。基礎があって応用がある。はなっから結果なんて出せないさ。
もちろん早く覚えたほうが時間の短縮になるけどね。スピードは任せる。

●あなぐま
誰が掘ったんだこの洞窟は。人間版のアナグマがいるんじゃないのか。
複雑すぎるな、目印つけても意味ない気がしてきたぞ。また戻ってるし。
出口の行きかただけはわかるから、いったん出直すか。軽く地図も書きたいし。
ん~っ、地上の空気はいいねぇ。よし、お宝のためにもうひとふん張りするか。

●あなご
ちょっと何これ。アナゴの仲間なんだ、お寿司にされるアレじゃないわけね。
いやぁ、これ見ちゃったら食べるのためらうよ。観賞用としても人気、と。
家に置こうかな。たしかに癒されるし。少しだけ顔を出すのがかわしい。
お母さんにLINEして今日は魚の天ぷらにしてもらおっと。もちこれもね。

●アナコンダ
これはこれは。うれしくない歓迎だな、悪い予感が的中してしまったらしい。
まあ、調査にでているのだから遭遇する危険性ももちろんあったが。ふう。
相手は50メートルを越す大蛇だ。この遺跡の守り神らしいが本当かどうか。
寝ていてくれていれば通り抜けられたんだが。さあて、どうしようかね。

 

その124へ  Twitter小説TOPへ その126へ
全体一覧へ

 

<メルマガ>
最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Line@をはじめました!>
望月の創作課程や日常(!?)を配信していきます。
https://line.me/R/ti/p/%40bur6298k
または「@bur6298k」を検索してください。

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!