瞳の先にあるもの 第2話

 ライティア家の領地の中に、関所を兼ねた町がある。名はミルディアといい、ときたま魔女が現れることで有名な町だ。
 魔女というのは文字通りの人物で、魔法を使う女性の総称である。しかし、この世界では魔法は忌み嫌われており、その姿を見るのは、今ではこの町ぐらいになってしまったという。
 「彼女たちは自分たちの力を戦いに使われるのを恐れて、遠い国に逃げたというのですが」
 「最近になってコラレダ王国が勢力をのばしたのは、魔法がでてきてからでしたね」
 「そうです。門が見えてきました」
 雨がやんだのでゆっくりと歩きながら、アードルフはアマンダに世情を伝えていた。
 「止まれ。通行書を見せてもらおう」
 「あら、持っていませんわ」
 「おいおい、無くしたのかっ、って」
 「ところで通行書とは何でしょう」
 「町に入るために必要な手形のことです。私のはこれだ」
 衛兵はアマンダの顔を見るなり固まってしまったが、もうひとりの門番が彼のを確認する。
 「失礼致しました。どうぞお通りください」
 「ありがとう」
 事情がわかっていないお嬢様は、頭にクエスチョンマークを浮かべながら町へと足を踏み入れる。
 とりあえず、アードルフの提案で宿屋を押さえることになった。
 「馬はこちらにつないでください。宿には必ず馬場があります」
 「わかったわ」
 慣れない手つきで手綱を結び終えると、荷物を持ち宿に向かう。
 「こちらの部屋をお使いください。私は情報収集してまいります」
 「待ってアードルフ、わたしも行くわ」
 「いえ、こちらでお待ちください。すぐに戻りますので」
 そう口にし一礼をすると、扉を閉める。右手が胸の高さで止まっていたアマンダは、ゆっくりと腕を下ろし、ベッドに置いた荷物を整理し始めた。
 風邪を引いてしまうので、とりあえず着替えをすませ、あとはとくにやることもない。だが、今まで学んだことを復習しようと思いいたる。
 ひと通り揃えてもらうように頼んだが、万が一のことを考え覚えるようにと、アマンダはアードルフに言われている。詳しい過去は知らないが、アマンダにとっては使用人であると同時に師でもある彼の言葉に従っているのだ。
 着替え、食料、水、地図、武器、情報など。あと、目的をはっきりしないといけないのだったわね。
 ヘッドボードに寄りかかりながら、少女なりに頭を回す。兄のかたきをうつこと、これは間違いない。問題は誰がそうなのか、だ。
 「お兄様がいた部隊を調べなくっちゃ。どうやって調べればいいのかしら」
 首をかしげているとき、コンコン、という音が耳を打った。彼女は、反射的に、どうぞ、という。
 入ってきたのは背の低い、目深めのフードを羽織った者だった。
 手には、一人分の食事がある。
 「こんにちはお嬢サマ。もしかしておヒマかい」
 人を小バカにするような口元に、アマンダはムッとする。
 「どなた様かしら」
 「あんたと同じ旅のモンだよ。めずらしい子猫がいるから気になって」
 「あら、猫なんていたかしら」
 部屋の中を見渡す部屋主。意味がわかっていないと感じた者は、テーブルに食事を置きながらため息をついた。
 「あんたさぁ。しらない人間がはいってきたらケーカイするだろ、普通」
 「食事をもっているのに怪しいのですか」
 「これオレのなんだけど」
 「まあ、てっきり部屋係の方かと思いましたわ」
 小さい旅人は頭をテーブルに打ちつける。ゆっくり起こし、食べ物がこぼれていないか確認すると、
 「あんたなぁ、こんなカッコした部屋係がどこにいんだよ。ったく」
 「そうかしら。ねえ、名前は何ておっしゃるの」
 「さあねぇ~。人の名前をきくまえに名乗るべきじゃねーのか」
 きょとんとしたアマンダは、視線を天井にむけ、首を右側に倒す。
 「そうですね。わたしはアマンダ、アマンダ・ライティアです。あなたは」
 「悪ぃな、名前はないんだ」
 情報屋とでもよんでくれ、と相手。顔も見せず、口元がにやけている謎の人物に、貴族の令嬢に不安がつのっていく。
 何も知らない彼女を見ていて楽しいのか、情報屋はシチューを口に何度か運び、飲みこむ。
 「これから旅するんだろ。先パイとしてちょっとアドバイスしてやるよ」
 アマンダの了承も得ず、彼は勝手に話し始める。
 この世界は四つの国に分かれていたという。軍事国家のコラレダ王国、自然豊かで薬草と食べ物が豊富なフィランダリア、ほとんどが砂漠地帯である商売中心の国ランバルコーヤ、そしてライティア家がある国アンブロー王国。
 「さすがのあんたも知ってるだろーけど、アンブロー以外はすでにコラレダのものだ。三年ほど前だったかな」
 アマンダは黙ったまま聞いている。
 コラレダがアンブローを残した理由はひとつ。アンブローはコラレダに次ぐ軍事国家でもあり、フィランダリアほどではないが資源豊かな国でもあるからだ。また、コラレダ現国王は大変な野心家で有名である。
 「このことから考えるとさ、あんたのカタキは間違いなくコラレダ側にいるんじゃないのか」
 「な、ど、どうしてそれをっ」
 思わず立ちあがるアマンダ。目の前の人間には、自分の名前しか話していない。なのになぜ、家を出た目的を知っているのだろうか。
 彼女は思わず剣を手にする。
 「何者なの、あなたは」
 「なんだよそのケンは。せっかく教えてやったのに」
 わざとらしく両肩をあげる情報屋。何事もなかったようにパンとシチューをたいらげると、
 「頭はわるくないみたいだな。安心したぜ」
 「なっ」
 「そうそう、情報屋に何か教えてもらうときは金がいるんだけど。知ってっか」
 「え、そ、そうなのですか」
 「やっぱりなぁ~。ったく、よくそれで旅しようとおもったな」
 イスに寄りかかりながら、偉そうな態度をとる不審者。今回は特別にサービスしてやるけどな、と口にしながら、足に勢いをつけてとびおりる。
 「連れのおっさんに今のこと話してみな。奴なら知ってるだろうぜ」
 「ちょ、ちょっと、あなたはいったい」
 「情報屋だっていってんだろ。じゃあな、お嬢サマ」
 相手が手を上げると、図形と文字か書かれた円状の何かが出現する。まぶしくて目を覆っているうちに、情報屋は姿を消す。
 アマンダの瞳が部屋を見れるようになったときには、誰もきていない状態に戻っていた。
 謎の人物が消えたと同時に、廊下が騒がしくなる。
 いつもより早いノックがすると、アードルフが主が中にいるかどうかを確認した。
 「大丈夫よ。入って」
 剣を納めながら答え、ひと息つく少女。
 「何者かの気配がしましたが」
 「うーん」
 首をかしげながら、先ほどまでいた者の言葉を思いだした。彼女は素直に、起こった出来事を話す。
 経験豊富な傭兵の顔はみるみる曇り最後には目がつり上がっていた。
 「どうしたの」
 「アマンダ様。今後、お一人で行動されないようにして下さい。配慮が足りず申し訳ございません」
 「どういうことなの」
 彼は、情報屋について説明し始める。
 情報屋とは文字通り情報を扱う者のことを指し、世間でそう呼ばれている。自ら仕入れたネタを相手に話し、お金をもらうのだ。
 「情報を売って生活しいてるってことかしら」
 「そうです。しかし、相手に無料でアドバイスする者など聞いたことがありません」
 「サービスしてくれるっていってたわ」
 「相手が得意先ならともかく、初対面にそのようなことをするとは思えません」
 正体がわかるまで近づかないように、と、内心ではまた抜けてしまいそうだと考えながらもアードルフは釘をさす。
 案の定、聞いた本人は視線が空を泳いでいた。
 「あなたがそういうならそうするわ」
 「ええ、お願いね」
 廊下に控えていた使用人を呼んで用件を伝えると、彼は仕入れてきた情報を聞かせ始める。
 ミルディアから一番近くにあるラザンダールという町で、義勇兵を募っているという。
 ここはアンブロー王国でも有数の砦のひとつであり、よく侵攻されているのだ。
 「さすがに相手のことはわかりませんでしたが」
 「いいえ、次の目的がわかれば今は十分でしょう」
 無意識に両手に力を入れるアマンダ。いかに仲よく接しているとはいえ、アマンダとアードルフは貴族と使用人の関係。子供と大人でもあるが、自らより下の立場の者に動揺や不安を見せてはいけないのである。
 「アマンダ様、今ならまだ引き返せます。いかがなさいますか」
 「一度決めたことをくつがえす気はありません」
 彼は静かに、ゆっくりと目を閉じ、
 「かしこまりました。では不要とは存じますが、これからについてお伝え致します」
 この町よりアンブロー王国に近づけば、確実に戦争に巻き込まれることになる。命の保障はなく、自分の身は自分で守らなければならないのが世の常であり、今までの生活が世間から見れば特殊だったこと。そして、同じのような生活は一切できなくなることを話す。
 「もちろん全力でお守り致しますが、万が一ということもございます。先程は事なきを得ましたが」
 「かくごの上です。でもわたしはきっと、外のことをなにも知らないのね。だから、教えてちょうだいね」
 「はっ。私に分かる事でしたら何なりと」
 本音と建前の区別もつかない子供は、ただ感情の赴くままに歩み始める。
 その先に何が待っているのかは、大人でもわかっていないのだが。
 ところ変わり、彼らがいる部屋と歩道からは死角の位置に、ひとつの影があった。屋根に寝転んでいるそれは、こりゃ目をはなさないほーがよさそうだな、とぼやく。
 やれやれ、といった具合に身を起こすと、羽根ペンとインク入れ、そして顔全体が映る手鏡ぐらいの大きさの板と紙を二枚とりだす。器用にもインク入れをこぼさず置き、流れるようにペンを動かした。同じ動作を二回続け、紙以外をしまう。
 インクが乾くのを待っている間に、小さな小さな口笛を吹いた。すると周囲にある木々の間から、二匹の黒い大きな鳥が現れる。翼を閉じた状態で人の頭ほどの姿をしており、尾が異常に長い。
 「じゃ、あいつらに届けてくれよ」
 慣れた手つきで足にくくりつけながら口にする情報屋。鳥たちは体長を倍にさせるほどの羽をひろげ、音もなく飛び立つ。
 ただひとりだけ何かを掴み、世情を伺っていることに、このときは誰も気づいていなかった。

 

 

 

 

 

<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
未公開作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!