東京異界録 第2章 第9録

 カグナさんの店に集まった異界関係者たち。十二月(じゅうにげつ)の一人だという如月君と、妖怪兄妹とその祖父が、距離をとったまま動かないでいた。
 そしてこのとき、私はカーラ君とカヌス君に初めてあったときのことを思い出す。とくにカーラ君は、怖い人、と感じたのだ。たしか、今みたいに殺気というか、邪念というか、人に恐怖感を抱かせるような雰囲気をしたからだ。
 普段している表情とは違い、相手を挑発するような、意地の悪い顔なのである。
 ちなみにカシスちゃんも似たような感じで、カヌス君とカグナさんは普段どおり。ユキは様子を見ており、私も同じだ。
 「無意識に構えているが。おれたちと戦る気じゃないだろう」
 「冗談じゃない。命がいくつあっても足りないだろ」
 「賢明だ。さすが全国一位だね」
 「茶化さないでくれ。心臓に悪い」
 うわ~、からかって面白がってるよ。あの緑の人。
 「こら加阿羅、遊ぶなら後にしろ。涼太君、座って食事でもしながら話そうじゃないか」
 トレイを手首で表裏にしながら話を進めるカグナさん。これはサービスだよ、といいながら、ゆっくりと踏みしめるように歩いてきた彼にメニューを渡す。
 「毒なんか入ってないから安心してもらいたい」
 「はあ。じゃあこれを」
 「オーケー。少し待っててくれ」
 如月君がこちらを見たが、私たちはもう食べたから、と伝える。
 奥のほうで音がしだすと、
 「あーのー。オレたち、まったくついていけてないんだけど」
 「そうだね~、どこから話そうか」
 口調だけは元に戻ったカーラ君は、同じ血族に目を配ると、異界に関することを話し始めた。
 妖怪社会は超実力主義で、強きものが生き弱きものが死ぬ、という世界だというのは教えてもらった。そして、彼らの中にも階級があり、怨鬼、怨霊、妖怪と大くくりに分かれていることも。
 もちろん、各階級にも力の差があり、ここにいる妖怪たちはその上位に位置しているとか。
 「加阿羅(カーラ)とジジは要っていう位置にいる。妖怪界と人間界を隔てる結界を守る地位にいるんだ」
 「あたしと加濡洲(カヌス)はその要候補なのよ」
 「そ、そんなにすごい人たちだったんだ」
 人じゃねえよ、という次男のツッコミがあったが、とりあえず流す。
 「じゃあ、涼ちんが驚いてたのは、そのことを知ってたからなんだ」
 「ああ。ここで終わりかと思った」
 「そんな大げさな」
 「雪祥(ゆきひろ)はあの世界のことを知らないからそんなことが言えるんだ」
 「さすがにオレたち位になると、血を求める必要はなくなるんだよ。自分で補給できっからな」
 うーん、植物でいう光合成なのかしら。たぶん近いと思う。つまり、怨鬼(おんき)と違ってやたらめったらに襲わないってことよね。
 「事情は察してもらったとして。君の話をしようか」
 右手を、どうぞ、という形にするカーラ君。内容は伝えたはずなのだけど。
 譲られた如月君は、一度目を閉じる。そして、
 「何をすればいい」
 「ふうん、話が早くて助かるな」
 まるで優秀なアルバイトと会話しているみたいな雰囲気になる。
 「楓ちゃんと雪祥(ゆきひろ)君の護衛が条件だ。ついでにこの子の力を高める手伝いをしてもらう」
 後半は君の命を優先にして構わない、と長男。意外に思ったのか、如月君のまゆがハの字になる。
 「どうして藜御(あかざみ)にこだわる」
 「話す必要はない。やるのか、やらないのか、どちらだ」
 「わかった。条件を飲ませてもらう」
 「交渉成立だな。ちょうどいい」
 コト、と頼んだメニューが届く。ほかほかの生姜焼きは、こちらの思考を奪うのに十分だった。
 「思ったよりすんなり決まったな。君もこれからこの店に来るといい。伝えられる情報を提供しよう」
 「ありがとうございます。頂きます」
 二人のやり取りを横目に、私はカーラ君に声をかける。
 「あのさ、どうして私の力を高めてくれるの」
 「ん? ちゃんと理由があるからだよ」
 「そうじゃなくって、その理由を聞いてるのよ」
 「君が知るにはまだ早い。知りたかったら、早く力を覚醒させたほうがいい」
 意地悪しているわけじゃない、とカーラ君。まったく説得力がない気がするんだけど。
 私の心を読んだのか、彼はいつも通りの笑みで目を見ながら、
 「そのまっすぐな瞳が、いつか君を追い詰める日が来る。それに対抗するためだよ」
 「ど、どういうことよ」
 「言葉通り。十二月が現れたのなら、その日も近いだろう」
 「加阿羅(カーラ)」
 はいはい、と、今度は不機嫌っぽい顔になりながら店をでる彼。呼んだカグナさんは、やれやれ、といった風になり、
 「奴にも考えがあるんだろうがな。言う通りでもある」
 「ごめんね楓。事実を知ることが全ていいってわけじゃないのは、あたしたちもわかってるから」
 嫌がらせしてるわけじゃないのよ、とカシスちゃん。確かに、そういう気持ちがあるのなら、七年間も力を貸してくれたり、教えてくれたりしないはず。
 今は彼らを信じて、力をつけることに集中しよう。
 視線を感じた気がしたが、季節の初めとともに、気持ちを切り替えようと思ったのだった。

 

第8録へ  長編小説TOPへ  第10録へ
Podcastチャンネルへ(動画版)

東京異界録公式ページへ(公式サイトに移動します・別窓表示)

<メルマガ>
最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Line@をはじめました!>
望月の創作課程や日常(!?)を配信していきます。
https://line.me/R/ti/p/%40bur6298k
または「@bur6298k」を検索してください。

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!