東京異界録 第2章 第20録

 白昼堂々と、学校で襲撃してきたクサナギ。私は運悪く妖怪兄弟と離れてしまい、一対一を強いられてしまう。
 「どうしました。かかってこないのですか」
  勝てる気がしないんで。無駄に戦いたくないのもあるけど。
 とは思いつつも、口には出さないが。
 「き、聞きたいことがあるんだけど」
 「時間稼ぎですか。見苦しいですよ」
 「そうじゃないわよ、あの女の子のことよ」
 「女の子? 主人の事ですか」
 そう、と返事をする。時間稼ぎは頭になかったのだが、そう思われても仕方がないだろう。こんな不利な状況じゃあ、ね。
 「あなたに話すことなんてありません」
 「なら、私を殺そうとした理由ぐらい教えてくれてもいいんじゃないの」
 目を見開く相手。信じられない、といった表情は、疑問を深めるのに十分だった。
 「成程、彼ららしい。創造主から聞いていないのですね」
 「何度聞いてもかわされるのよ」
 「でしょうね。秘密主義なのは昔からですし」
 私よりもはるかに彼らの性格がわかっているらしいクサナギ。彼ら、と複数形になっているということは、兄と妹の存在も知っているのだろう。
 昨日の段階ではそのふたりだと気づかなかったみたいだけど。
 いや、そんなことはどうでもよいわね。
 「個人的には話して差し上げてもいいのですが。あえて知る必要もないと思いますよ」
 「あんたも同じことを言うのね」
 「それはそうでしょう、子の様なものですから」
 ヒュン、と、剣をならすクサナギ。任務を遂行しようとしているのが、動きでわかる。
 まずいわね、正面から来られたら。考えなきゃ、どうすればこの危機を脱出できるのかを。
 「あ、あの子の首筋に、アザがあったわね。それと関係してるとか」
 彼のまゆが、ほんの少し動いた、ような気がする。
 「わ、私に何か、できることってない」
 「何を突然。何を企んでいるのですか」
 「企んでなんかない。ただ、あの子が心配なだけよ」
 「会ったばかりなのにですか」
 「似てるのよ」
 「え」
 「昔見た、ある子に似てるのよ」
 誰とは言わないし、言えない。たが、幼い頃から一緒にいる人間なんて限られてくるだろう。
 いや、もはや特定しているようなもの。違いといえば、奥底にちゃんとした親の心があった、ということだ。
 とはいえ、赤の他人の子はわからない。なら、聞くしかないのだ。
 「興味本位じゃない。ただ、辛い想いをしてるなら、助けてあげたい」
 クサナギは黙り込んでしまう。
 「優しい方ですね。なら、主人を助けるためにその命、この場で貰い受けましょう」
 なっ、冗談じゃないっ。
 「冥途の土産に覚えておいて下さい。力なき想いなど所詮はうわ言なのだ、と」
 彼の姿が消える。次に姿を現したときは、目の前で剣を振りかざしているところだった。
 私は考えるよりも先に体を動かし、何とかかわす。だが向こうの構えが早く、とても追いつけない。
 嫌な音がよぎると右腕を切られていることに気づく。大丈夫、浅いから止血すれば問題ない。
 「どういう意味よ。まさかあの子を人質にされてるんじゃ」
 「答える必要はありません」
 あーっとにもう、ホントに頑固な男ね。こうなりゃ目には目を、よ。仕方ないわね。
 私は意を決して、相手と対峙。本人がああ言ったのだから問題ないだろう。
 とはいえ、クサナギは格上。どうやって倒せばいいのかな。
 動きも早くて近づけないのなら、アッチからきてもらうのがよいか。そうと決まれば。
 徐々に後退して行く私。背中を見せないようにすれば、死角がなくなるからだ。
 「あまり戦慣れしていない割には考えますね」
 「そりゃどうも。死にたくないんで」
 「でしょうね。それが普通です」
 その言葉を聞いたとき、カヌス君の言葉が浮かぶ。彼の実力は、人間たちをはるかに凌駕する、と。
 一体、何を考えてるの。まるで私を試してるみたいじゃない。
 ちょっと待って。試す、か。
 それにもし、あの子が人質になってるとして、よ。生みの親が言っていたとおりの力があるのなら、どうしてこう先延ばしにするのかな。
 怖い現実だし、聞きたくもない。でも、彼の不可解な行動にはきっと意味があるはず。何としても聞き出さなきゃ。もしかして、本心は戦いたくないのかもしれないし。
 攻撃をかわしつつ、どうにかして反撃するもこちらのはかすりもしない。かといって、ジュツをとなえようにも相手がそれを許してくれなかった。
 言葉にできない攻防戦が続く中、活路を見出そうとする。しかし、時間だけがすぎて、解決策が浮かばない。
 こんなとき、カーラ君たちならどうするのかな。彼らなら、どう考え、どう動くのかな。
 命の危機と普段とは違う頭の使いかたに、だんだんと気力と体力がなくなっていく。また、伴って集中力もなくなってきている。
 「これまでですね。そろそろケリをつけましょう」
 私よりも数十倍のスピードでジュツをとなえるクサナギ。身を守ろうとしたものの体勢すら間に合わない。
 無慈悲な大きな光は、個人の思考を奪い、見知らぬ闇へと連れ去ろうとしていた。

 

 

第19録へ  長編小説TOPへ  第21録へ
Podcastチャンネルへ(動画版)

東京異界録公式ページへ(公式サイトに移動します・別窓表示)

スポンサーリンク


<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!