東京異界録 第2章 第16録

 「あの子が、十二月(じゅうにげつ)なのっ」
 隣にいる同い年の如月君がそうなのも驚いたが、もっと幼い先程の女の子も同列の立場だという。
 確か、十二月(じゅうにげつ)というのは、悪しきモノから天皇を守るための位置づけだったわよね。
 しかし、厄介なのは他の人たちも動き始めた、ということらしい。私にはちんぷんかんぷんなのだけど。
 近づいてきたカシスちゃんに聞こうとすると、
 「他の連中が動いたところで、別にどうと言うことはないんじゃないのか」
 「そうでもないわ。あたしたちの敵が増えた可能性があるってことなのよ」
 「え、十二月(じゅうにげつ)って味方じゃないの」
 「今となっては誰の味方でも敵でもねえよ。目的次第でどっちでもなる」
 「訳がわからん。ちゃんと説明してくれ」
 腕を組みながら質問する内の一人。あれ、どうして彼がわからないのかしら。
 いつの間にか着替えていたカシスちゃんは、
 「それは構わないわ。でも、まず雪祥君を安静にさせたいんだけど、いいかしら」
 「そうだな」
 頭の上に渦巻きが出てきているが、弟の体のほうが大事なのぐらいはわかる。お願いして家に連れてきてもらおうと思ったが。
 「あたしたちの家にしましょう。ゆっくり休めるし、結界の中だから襲われることもないから」
 「わかった。とにかくユキをお願いしてもいい」
 「もちろんよ。ごめんね」
 「カシスちゃんのせいじゃないわよ」
 力のない笑みで、ありがとう、という彼女。おそらく、責任を感じてしまっているのかもしれない。
 「とにかく移動するぞ。加阿羅(カーラ)、いいな」
 「ああ、頼む」
 妹と同じく姿と服をいつもの和服にした長兄も同意し、私たちはカヌス君が振り上げた左手が生んだ光の柱に包まれる。
 すべてが真っ白になったと思ったら、すぐに目の機能が戻った。しかし、風景は今まで見たことも無い、昔ながらの広い日本の家屋。部屋の角には、誰が敷いたのか布団がある。
 「歩けるかい」
 「う、うん、何とか。ってか、クツ」
 「後でいいから。先に横になって」
 ユキの言葉に、私と如月君も慌てて靴を脱ぐ。畳が砂だらけになってしまったが、住人たちは気にしていないようだ。ほっ。
 しかも、いつの間にかみんな脱いでるし。いつ靴下になったのよホント。
 「さて、どこから話そうか」
 弟を寝かしつけてくれたカーラ君。とりあえず、囲炉裏の周りに座ると同時に、私たちの傷も回復することに。
 「ところで、何が知りたい」
 「全般的だな。まず十二月(じゅうにげつ)のことが知りたい」
 「あれ、何で如月君が」
 「俺が知ってるのは軽い歴史と自分が十二月(じゅうにげつ)だってことだけだ。他は知らない」
 まゆをひそませたカーラ君だが、ああ、と口にすると、
 「そうだったね。あの歳なら仕方がないか」
 今度は、同級生が同じ表情になる。
 「何故知ってる」
 「霊子を読めばどんな過去も調べられる。君のことも調査済みだよ」
 もちろん、楓ちゃんたちもね、と彼。よくわからないが、彼ら妖怪の力なのだろう。それにしても、レイシって言葉、どこかで聞いたような気がするわね。
 「十二月(じゅうにげつ)のことっつっても、今はバラバラになってるしな。わかってる奴らの動きでいいか」
 「ああ。疑問があったら質問する」
 「よし。んじゃ、話してやる」
 なぜかカヌス君が答弁することになり、話は続く。
 今わかっているのは、彼らのうち、五人のことだという。ここにいる如月君を除き、先程の女の子が神無月、今まで起こった狼襲撃事件と大男事件は、睦月と弥生の仕業だという。
 「睦月と弥生の正体はまだわからねえ。察しはついてんだが、何かのチカラが邪魔をして、オレたちじゃ調べられねえんだよ」
 「もうひとりは」
 「水無月なんだがよ。十数年前から行方不明だ」
 「え、ヤバくない。それ」
 「それは大丈夫。奴の居場所と顔を出さない理由は何となくわかる」
 そうは言っても。それにしてもどうしてカーラ君、怒り顔なのかしら。
 「ま、そいつは味方だ。敵に回ろうモンなら、おっちゃんが始末するだろ」
 「おっちゃんって?」
 「そのうち姿を現すから気にしないでいい」
 と、長男。だから、どうしてそう不機嫌そうなのよ。
 だが、ワケがわかるらしい弟と妹は、同時にため息をついた。
 「ともかく、オレたちが自力で調べられたのはここまでだ」
 「自力? 加具那(カグナ)や他の要たちは協力してくれないのか」
 「ジジは放置プレイね。あたしたちで対処しろって言われてるし、修行になるからやれって」
 けっこースパルタなのね、妖怪たちって。
 ふと、頭を動かした要のひとりは、
 「そうだ。この機会だから十二月(じゅうにげつ)の前に、要のことを話したほうがいいか」
 そうじゃないと混乱してしまうだろうし、と続ける長兄。何か背景があるのだろうその言葉は、何となく重さを感じる。
 「加阿羅(カーラ)、大丈夫なの」
 「おれの事はいい。それに、お前が思っている事とは関係ないだろう」
 「ならいいんだけど」
 心配そうに見るカシスちゃん。ときどき人が変わったようになるのは、やはり理由があるのだろう。
 「退屈な話になるが、それは我慢して欲しい」
 そういうと、ゆっくりと、内容につい話し出した。

 

 

第15録へ  長編小説TOPへ  第17録へ
Podcastチャンネルへ(動画版)

東京異界録公式ページへ(公式サイトに移動します・別窓表示)

 

スポンサーリンク


 

<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!