東京異界録 第1章 第4録

 学校を案内させられた後、今日は異常なかったようなので、そのまま帰路へとつく私たち。彼らは真昼間なのにも関わらず、ゴエイだからとかってついてきているけれど。
 「ため息ばっかついてっと、幸せ逃げるぞ」
 「あのねえ」
 「それなら、また吸いこめばいいんじゃないの~」
 「それもそうだな」
 何でそうなる。
 もはや突っこむ気にもなれないが、彼らなりに気を使ってくれているのはわかった。今までは夜だったから送り迎えしてくれたが、昼もこうしないといけないとなると、先が思いやられるのである。
 だって、昼間でも危険な目に遭う可能性があるってことだもの。ま、戦うことは別にいいとして、私が何者であるのか、っていうのは世間に知られたくないのよね。はあ。
 「そういやあ、店って今の時間やってたっけか」
 「どうだったっけね~」
 と、翔君は天を仰ぎ、真っ青で爽快な空を見つめる。
 すずめが一匹、遠い上空を通りすぎると、彼は視線を目の高さに戻した。
 すると私たちに向かって笑顔で、ちょうど終わったところだから来いってさ~、と話した。おそらく、さっきのすずめと風を通して聞いたのだろう。
 翔君と瞬君、妖怪名ではカーラ君とカヌス君だが、彼らは物の怪と名乗っているものの、私は違うように感じている。というのも、確かに人間ではないんだけど、怖い、より神秘、って言ったほうがしっくりくるからだ。
 今にしたって動物と話すことができるし、自然現象を操ることもできるしね。
 それぞれ得意なことが違っているけれど、魔法っていうのかな。本当に漫画とかゲームとかの世界みたいなことをやってのけているのよ。
 「そういやあよ、ユキはどこにいんだ」
 「うーん、さっきLINEで連絡しといたから、店にいると思うわ」
 「じゃあ早めに、っていいたいところだけど」
 ニコニコ顔から一変、近くにある細い路地を視線だけ鋭くする翔君。何かに気づいたのか、瞬君も同様だった。
 「何、どうしたの」
 私がそちらを見た途端、景色が歪み、辺りは霧に包まれていく。ただの水蒸気じゃない、どす黒い水なんて普通は存在しない。
 「見境ねえな。街中だぜ」
 「加濡洲、楓ちゃんを」
 そういった翔君は、今回は仕方がないね、と言いながら手に大太刀を出現させ、横抜き様に斬りつける。カヌス君はというと、手に飛苦無をだし、兄の少し離れた右側に投げつけた。
 同時に獣のような悲鳴が聞こえ、謎の気配は血走った目をした狼だった。
 「お前、武器は」
 「お、置いてきちゃった」
 「やっぱそーか。仕方ねえ」
 しょうがねえよな、とカヌス君が言うと、私の手に術をかける。薄紫色に光った甲は全身に広がり、受け手側の雰囲気を強制変換させる。
 身にまとった制服は、だんだん時代の違う服と色使いに変わっていき、スカートよりも動きやすいノンスリーブ上の和服と黒いジーンズ、靴はスニーカーに。
 髪と目の色も、日本人の代表色ではなくなっていき、アッシュシルバーとパープルに。
 下ろしていた髪は結わかれてアップされた状態になった。
 目を細め前方を伺うアタシは、
 「あのさ、これとアイツら、どうなってんだよ」
 「アレはオレが創ったから、構造を知ってんだよ。術で応用をしただけだ。あいつらは知らね、締め上げればわかるんじゃねえのか」
 「確かに。はあ、何なんだよ昼間っから」
 っつっても三時だぜ、という言葉が聞こえたが無視。これから化け物と戦わなきゃならなくなったんだからな。
 タイミングを見ていたのか、カーラ君がアタシの右側に現れる。
 「準備は終わったみたいだね」
 「狙いは楓か」
 「さあ」
 「さあ、ってお前」
 「おれに言われてもねえ」
 「加阿羅、ふざけてる場合かよ」
 「違うってば。陣形見ても連中を見ても、何が目的かがわからないんだって。風も止んでしまってるし」
 お前が調べたほうが早いと思うけど、とカーラ君。アタシにはよくわからなかったが、やることは決まったようだ。
 アタシとカーラ君はお互いの背を合わせる。
 「なるべく離れないようにね、獅子の紅葉ちゃん」
 「その名前で呼ぶなっ」
 アタシが声を張り上げるのが合図だったように、襲い掛かってくる奴ら。兄弟たちのやり取り中、数十匹に膨れ上がった怨鬼という狼の姿をした化け物は、いっせいにこちらに飛んでくる。
 「楓、その線からこっちに入れんなよ」
 カヌス君のいう線は、いつの間にか彼の数メートル前に現れており、水色に光っている。黒い霧を吸収している辺り、何かをしようとしているのは確かだ。
 アタシは笑って返事をし、狼の爪をかわす。手甲に装着された三本の金属刃が原型のない敵を引き裂く。
 横から来た奴を回し蹴りで吹っ飛ばすと、何体かを巻き込んで後転していき、食らった奴は姿を消す。
 連中、どうやら本当に大したことないらしい。アタシでもどうにかなるからな。
 カーラ君は大太刀を振り、一撃で片手以上の敵を葬り去ると、いつもののほほん笑顔で、
 「とりあえず加濡洲の術が完成するまで、あいつらと遊んであげようか」
 こんな状況でよくそんなことが言えんな。さすがというべきか。
 本当は付き合いたくもないもないが、状況を打破するために彼を手伝うことにした。

 

第3録へ  長編小説TOPへ  第5録へ
Podcastチャンネルへ(動画版)

東京異界録公式ページへ(公式サイトに移動します・別窓表示)

 

 

<メルマガ>
最新作速達便
新作品をいち早くお届けします。

<Line@をはじめました!>
望月の創作課程や日常(!?)を配信していきます。
https://line.me/R/ti/p/%40bur6298k
または「@bur6298k」を検索してください。

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!