プロローグ

 ――その憎しみ(感情)は、あなたに何をもたらすのですか?――

 

 薄暗い部屋には、丸く青白い光と焼きたてのパンとリンゴの香りが充満している。
 「ふーん。こいつが戦争のカギをにぎる、ねぇ」
 テーブルに座り、行儀悪くパンをかじる子供。こぼさないように気をつけながらも、目の前にある人の頭の大きさをしている水晶玉を見つめていた。
 淡い青色に光りながら、水晶玉は一人の少女を映している。
 「オレと同じぐらいかな。うーん、ちょっと上か」
 興味なさそうにつぶやく子供。鼻から下しか見えないフードからこぼれた音は、まるで言わされているかのよう。
 「どーでもいいや。あと数年だっけ」
 右腕をあげると、少年の全身が肩幅ぐらいのシルエットをした、尾の長い不思議な鳥が舞い降りる。ゆっくりと腕に足をつけた鳥は、クルルルと鳴いた。
 「せいぜいリヨウさせてもらうさ」
 十代にも満たなそうな子は、リンゴをかじったあと水晶玉を道具袋に入れた。

ではでは~☆★

<メルマガ>
人を動かす文章術
文章について、日頃考えていることを発信しています

最新作速達便
未公開作品をいち早くお届けします。

<Facebookページ>
個人ページ お気軽に申請してください♪

電子書籍とPodcastのすゝめ

望月 葵の総合情報発信現場

<Podcast>
ライトノベル作家・望月 葵が伝える、人をひきつけ動かす文章の力
東京異界録(ライトノベル系物語)

<電子書籍>
各作品についてはこちら

コメントする

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!